FactoryScientist

Created Date: 2018-07-09/ updated date: 2018-12-11
    • Medium img 2743
    Owner & Collaborators
    License
    By
    FactoryScientist by take is licensed under the Creative Commons - Attribution license.
    Summary
    set up factory IoT device using WIO node.

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • Preparation

            0
            Thumb take
            用意するもの
            1. Wio node
            2. Grove sensor(analog)
            3. USB-mini USB cable
            4. FTDI adapter(3.3v)

            クラウド環境
            1. Azure Iot hub
            2. Microsoft Power BI
            • Set Up Arduino for ESP8266

              0
              Thumb take
              1. インストールしたArduino IDEを開きます(require over v1.8)
              2. Arduino->Preferenceを選択して、開いたウィンドウの
                「Additional board manager URLs」に下のURLを追加します。

                "​http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json "
                ※このとき "," カンマで区切って前のURLの後ろに追記してください。
              Small           2018 07 10   0.58.04
              • Board listから、board packをインストール

                0
                Thumb take
                「Tool」メニューを開き、Boardの欄で
                「Generic ESP 8266 Module」
                を選びます。
                Small           2018 07 10   1.08.51
              • "ESP8266 Community"の読み込み

                0
                Thumb take
                ここで検索ボックスに「ESP8266」と記入して絞り込みます。

                絞り込んだ中から、
                "ESP8266 Community v2.4.0-rc2".
                を選択します。

                バージョンがいくつか選べる様になっていますが
                バージョン「v2.4.0-rc2」を選んでください




                Small           2018 07 10   1.10.14
              • Select Generic ESP 8266 Module

                0
                Thumb take
                ボードの中から「Generic ESP8266 Module」が選べるようになるので、選択します。
                Small           2018 07 10   1.03.51
              • 設定

                0
                Thumb take
                画像と同じになるように各項目を設定してください。
                Flash Mode : QIO
                Flash Size 512K(no SPIFFS)
                Debug port : "Disabled"
                Debug Level: None
                Reset Method: ck
                Crystal Frequency: 26MHz
                Flash Frequency: 40MHz
                CPU Frequency: 80Mzh
                Upload Speed: 115200
                Port: 任意のポートを選択してください!

                Small           2018 07 10   1.12.54
            • Azure Iot hub library for ESP8266をインストール

              0
              Thumb take
              ここ から「Clone or download」でZipファイルをダウンロードします。
              Small           2018 12 12 3.29.01
              • IoT HubにMQTTを送るライブラリを呼び出す

                0
                Thumb take
                select Sketch->Include Library->Add .ZIP Library...
                を押します
                Small           2018 07 10   1.40.40
              • ファイルの選択

                0
                Thumb take
                先ほどダウンロードした「Azure-iothub-mqtt-esp8266-master.zip」を選んで「Chooseボタン」を押します
                Small           2018 07 10   1.42.46
              • 温度計を使うライブラリをインストールします

                0
                Thumb take
                SKETCH->include Library -> Manage Librariesを選択します。
                Small sht31libraly
              • インストール

                0
                Thumb take
                「Grove SHT31」と検索して絞り込みます。

                出てきた
                「Grove SHT31 Temp Humi Sensor」
                選択してインストールします。
                Small sht31libraly2
            • コードの一部を書き換えて、コンパイルとアップロードを行う

              0
              Thumb take
              ここからサンプルコードをダウンロードして開いてください
              shtTempHum-WIOnodeInput.zip

              開いたらWiFiのSSIDとPASS、
              そして、キーを自分のものに変更します。
              キーはAzure IoT Hubで取得しますが、取得方法は別途説明します。

              Small ssidpass
              • connect the WIO node to PC

                0
                Thumb take
                WIO nodeの "port0" (UARTという文字が書かれている方のコネクタ)に FTDI adapterからのコネクタを接続します.

                ※ここで、WIO nodoの横にあるミニUSBコネクタに電源に繋いだUSBケーブルを繋いで電源を供給します。
                Small img 2743
              • WIO nodeへの書き込みコードを作成

                0
                Thumb take
                GROVEコネクタと FTDI アダプタは、図の様に接続します。
                Small img 2754 1
              • WIO nodeを書き込みモードにして立ち上げます。

                0
                Thumb take
                書き込む前に、WIO nodeを書き込みモードにします。
                FUNCを押しっぱなしにしたまま、RESETボタンを押してすぐ離します。
                すると、緑色のLEDが点滅し始めます。
                これで書き込みモードになったので、

                Small img 2756
              • コードのアップロード

                0
                Thumb take
                書き込みモードになっている間に、Uploadボタンを押して書き込みを始めます。
                問題なければ30秒ほどで書き込みが完了します。
                Small uploadbutton
              • データが送られているか確認する

                0
                Thumb take
                Azure側できちんとデータが来ているか確認してください。
            Add Card Order

            References

              Usages

                Convert State

                 to Annotation.

                Select the numebr of the state to annotate.

                OK
                cancel
                Loading

                facebook

                , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
                , data-width="400", data-order-by="reverse_time"