盛り上げ役の良き隣人「PartyTime」!

Created Date: 2018-09-17/ updated date: 2018-10-21
Owner & Collaborators
License
By
Summary
SONYのMESHを使い、誰でもすべらずに、話を大いに盛り上げられるツールを開発しましたよ!

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 発端:IoT部門で応募したいけど、お題がなぁ。。。

          0
          Thumb 32558731
          去年の笑ファブ部門が今年もあるものと期待しネタを温めていたものの、なんと今年は笑ファブ部門がIoT部門に。

          乗りかかった船、IoTとかやったことないけどいっちょ応募したったろうじゃないか、と思うものの、唯一引っかかるのがお題との組み合わせ
          Small party time 015
          • 問い:そもそもIoTで人を笑顔にする必要があるのか?

            0
            Thumb 32558731
            いや、ないよね。

            どう考えてもない。

            だって数万年間、IoTがなくても人は笑顔を知っているので、つまりは事足りてるってことじゃん。

            今まで問題なくできていることを新しい技術でやろうとするのって、
            金持ちのハイテク遊びみたいにしかならないわけで、
            有限な資源とエネルギー突っ込んでやることだろうか?

            …あ、もしかして…?
            このお題の不完全さも看破してアウフヘーベンで乗り越えて行け! みたいな激ムズテーマってこと?

            そうか、そうなのかー!
            (ポジティブ)
            • [重要] 目の前の人と楽しむために、インターネットの海につながる必要もない

              0
              Thumb 32558731
              これも大事なことだと思うけど、笑顔になる責任を「他の面白い人」に委託しないこと。

              例えるなら、何かの条件をセンシングして、最終的にYOUTUBEに接続されて面白動画が流れる、みたいなことじゃなくて、

              笑顔になるのもするのも私でありあなたである、という前提があった方が、作るものが変なとこ行かないと思う。

              あくまで、私が誰かを笑顔にしたいと願う、そのサポートをするものを作る、というスタンスでいく。
          • コンセプト:笑顔を誘うことの意味を考える

            0
            Thumb 32558731

            • 一発ギャグではなく、笑顔に意味のあるものを

              0
              Thumb 32558731
              一発ギャグがなぜ面白いのかと言われれば、
              それは「みんなが笑うことになっているから」である。

              みんなが笑うから同一ネタを繰り返されても面白いのであって、
              そうであるならば必要なのは「秀逸なギャグ」ではなくて、笑いを共にする「良き隣人」である。
              Small 991392ff 4784 450a b63f 5f5b2b835481
            • 要素その1:脳の構造からくる笑顔

              0
              Thumb 32558731
              ちなみに、周りの人が笑うと面白く感じるのは「社会的証明」という集団心理である。
              これは身近なところでいえば、
              ドリフや志村けんの番組でもおなじみの、後付け笑い音声が持つ効果である。

              多くの人があの笑い声を野暮ったいと思っていると私は想像するが、実際にはあの音声を入れるだけで番組の評価は劇的に上がる。

              ある人の話が面白いかどうか、というのは言ってみれば本質的な判断ではない。
              その人の話す空間は笑う人が多い、から面白さが増すのであって、
              その人の話す空間にいる笑う人の数と、話の面白さの間に必然的な関係はない。

              ゆえに、笑う声の多い空間で話せば話は面白くなるのである。

              あ、あなた今、眉にツバつけましたね!
            • 要素その2:人と話をする際の安心感を、いかに得るか

              0
              Thumb 32558731
              例えば、

              ・相手が喜ぶかわからない条件で面白い話をしようとするのと、
              ・かなりの確率で相手が笑ってくれるとわかっているうえで面白い話をしようとするのと、

              自分の安心感は大幅に違うのではないか。

              また、推測だけど、何を言っても受け入れてもらえる(or 笑ってもらえる)関係性を、脳は「信頼感」と誤解する気もする。

              というわけで、何を話しても笑ってもらえる環境を作れる道具があったらいいよね。

              以上を踏まえて、今回作るのは「空間中の笑い成分を増やし、他者に受け入れられる安心感をもたらすもの」
            • そのための手段:SonyのMESHを使う

              0
              Thumb 32558731
              タイミングよく、たまたまMESHフルセットをもらうご多幸に恵まれたので、せっかくだからMESHを使うことにした。

              広く人口に膾炙し、誉れ高きMESH。
              触ってみると、、、なかなかどうして、これは面白い!
              Small party time 010
            • コンセプト完成!:落語の「扇子」を目指す

              0
              Thumb 32558731
              MESHの小ささ、軽さにを扱ううちに、ほどなくコンセプトが決まった。

              落語の扇子は、それ一つでキセルになったり、箸になったり、見てる側の想像力によって用途を変える。

              そこまでハイセンスではなくとも、多様な使い方のできるものを目指した。
              (一つの用途に限ると他のことに使えなくなる)

              名前は「PartyTime」とした。どうだ楽しそうだろう!
              Small party time 000 title
          • MESH側を整える

            0
            Thumb 32558731
            今回使うのは
            ・ボタンタグ
            ・温湿度タグ
            ・動きタグ
            の3つ。
            • PartyTime、3つのセンサータグ

              0
              Thumb 32558731
              PartyTimeには3つの窓があり、ここに最大3つまでMESHタグを入れることができる。

              今回の配置は、
              ・手前上部にボタンタグ(右手親指部があたる)
              ・向かって右側に温湿度タグ(右手掌(たなごころ)があたる)
              ・向かって左側に動きタグを入れた。

              これにより、
              ・話者の任意のタイミング
              ・話者の体温
              ・話者の動作によって

              MESHアプリに信号を送ることができる。
              Small party time 019
            • ドッカンサポート

              0
              Thumb 32558731
              右手親指が当たる位置にボタンタグを配置。

              このボタンを一回押すと、MESHアプリから笑い声がする。
              カウンターがついていて3回ごとに歓声が上がる。

              これだけでも十分話の面白さが増す。
              Small party time 005
            • ボルテージシステム

              0
              Thumb 32558731
              右手掌(たなごころ)に位置する温湿度タグを使い、話者の体温上昇をチェック。
              一定の温度に到達すると、

              環境音として談笑音が再生され、
              ・放送禁止用語を隠すピー音がランダムに再生
              ・さらにそれらが閾値を超えるとIFTTTと連携し、励ましメッセージがnotificationで届く。(いらない機能な気もする)
              Small party time 007
            • 社会的証明の明示

              0
              Thumb 32558731
              ・ボルテージシステムの閾値を超えて
              ・放送禁止音サポートが一定回数を超えると、

              IFTTTと連携しnotificationで励まし通知が来る。
              メッセージは3種類。基本的にスケールは壮大。
              • Small party time 008
              • Small party time 018
              • Small party time 017
              • Small party time 016
            • いつでも発表!ドラムロール

              0
              Thumb 32558731
              ボタンタグ2回押しで
              ドラムロール再生。
              しかも再生後は1秒間の待機のあと、
              歓声が上がります。
              Small party time 006
            • 唸れ三味線! べべナイザー

              0
              Thumb 32558731
              三味線をかき鳴らすようにベベンとお腹の前でPartyTimeを振ると、動きタグにより三味線音の再生に繋がります
              Small bebeniser ss
            • ドラえもナイザー

              0
              Thumb 32558731
              ボタンタグを長押ししながら、

              ・ドラえもんのようにお腹のあたりのポケットを探し、
              ・天高くひみつ道具を掲げると、

              ドラえもナイザーが発動する。
              (ドラえもんがポケットから道具を出す音が再生される)

              ・ボタンタグの長押し
              ・動きタグの「上」
              ・動きタグの「裏」

              が同時に起こることが条件。

              とっておきの新製品を紹介する時に便利!


              Small doraemoniser ss
            • 効果音をMESHアプリに足す

              0
              Thumb 32558731
              今回使ったのはiPadProなので、

              ・iTunesを使い、iPadProに効果音を入れる。
              ・メッシュアプリ内の、スピーカータグから「追加」→「ミュージック読み込み」

              で、iTunesで移した効果音を参照できる。


              • Small party time 011
              • Small party time 003
            •  効果音編集の小技

              0
              Thumb 32558731
              画像のように、音声の始まる前に無音時間があると、鳴ってほしい瞬間に鳴らない!みたいなことが起こるので、無料の音声編集ソフト Audacityで無音時間を削除。

              同じように効果音の再生後に無音時間があると、2回連続で再生したいときに待つ必要が出るので、これも削除。

              ついでに音量をだいたい同じくらいにしておくとあっちの音は大きくてこっちの音はちっちゃい、というちぐはぐ感をなくせるのでおすすめ。
              Small party time 001
          • 3Dプリントでガワを作る

            0
            Thumb 32558731
            形状は軽く下書きした程度。

            はじめはマイク形状にしようと思ってたけど、3Dプリントで既存のものを真似するとチープな雰囲気になるのでやめた。

            最終的には、何かに似ている必要はなく、ただの棒状のものにMESHタグが入ればいいだろう、と結論。
            Small f9af1864 d3f2 4082 bad1 d9d76b3f86da
            • 必要要件

              0
              Thumb 32558731
              ラフトもサポートもなしでプリントできて、

              ・部品点数はひとつで
              ・指で押し込めばピタッと入ってくれて
              ・使っている間は脱落せず
              ・外したいときは指で外せて
              ・仰々しくない(人の目がここに向かわない)

              ものを目指した。

              Ver0.1はボタンタグと温湿度タグのみだった。

              ver0.3くらいからタグを入れられる窓を4に増やそうとしたものの、プリント失敗が続く。

              ver0.7くらいで窓を3に減らし、ようやくプリント成功。3つ目の窓には動きタグを入れることに。
              Small 4d51da4c ac27 407e 94f3 7cdeb59208c0
            • 難しくない形状なのに、地味にプリント失敗が続いた。

              0
              Thumb 32558731
              何回プリントしても、造形がベッドから離れてしまう。
              しかも一回につき4時間とかかかるので、ずっと見ているのもしんどいし。

              泣く泣くラフトつけても結果は変わらず。

              なんだ、なんなんだー!
              Small party time 013
            • [解明] アーチの上端は薄くなる、かつ薄いために冷えるので反り、プリント中にノズルがぶつかる

              0
              Thumb 32558731
              というわけで、7回目にして決定的瞬間を激写した様子がこちら。

              サポートを入れずにアーチ形状を作ると、どうしてもRのところに薄い部分ができてしまい、かつここはプリント後に急速に冷えてしまうので、反る。

              すると、この反りにノズルがぶつかり、さらにはPartyTimeは背が高いので、大きな力でベッドと造形物の接合面にテコが働き、プリント中の造形物が剥がれてしまうことが判明。

              これがわかるまで窓4つにしてたのだけど、以後窓を3にしたらぶつかる回数が減ったためか、造形が成功するようになった。
              Small party time 012
            • PartyTimeにMESHタグを入れる

              0
              Thumb 32558731
              窓部に小さな突起があり、これがMESHタグをがっちりホールド!

              指だけでMESHの着脱ができますよ!
              • Small party time 020
              • Small party time 019
            • ようやく完成。

              0
              Thumb 32558731
              3Dプリント死屍累々。
              7回目にしてようやく成功。

              サポート材を入れない、というのも時に考えものですなぁ。
              Small party time 014
          • というわけで改めて完成した様子。

            0
            Thumb 32558731
            冒頭の動画と同じだけど、見るのが2回目でも楽しいだろう!

            講演することが多いので、その度にちょこちょこ持ってってるけど、大体爆笑の渦になる。

            すごいぞこれは。爆笑の湖。

            • !!!本番で数回使ってみた使用上の注意!!!

              0
              Thumb 32558731
              1.[超重要] Bluetoothスピーカーとタブレット等をつなぐと、遅延が発生してシラケる
               → できれば有線でスピーカーにつなぐこと。できないならタブレット本体からの音の方がまだマシ

              2.[超重要] 音質の悪い効果音、フェードインフェードアウトが露骨な効果音は逆効果
               → 打算を感じてシラケる

              3.ドラえもナイザーは練習がいる
               → 動きタグの感知の仕方のクセを知らないと、なかなか発動しない。

              4.みんなべべナイザーを使いたがる。多分簡単だから。

          • バリエーション

            0
            Thumb 32558731
            今回はただの棒にしたけれど、
            いくつかのアイデアは

            ・木魚とバチにMESHを仕込んで、ひとりでも声明がやたら幽玄になる「夢幻幽玄お坊さんセット」

            ・リストバンドにMESHを仕込んで、例えば←↓←と手首を動かすと「昇竜拳ーー!!」と声の出る「往年の名作格闘ゲームセット」

            などなど。木魚verはそのうち作るつもり。

            Add Card Order

            References

              Usages

              • 01. 高校生に使ってもらった!

                Thumb 32558731
                なんと、使い方を間違えてても笑いにあふれているではありませんか!

                図らずとも人を笑わせるために必ずしも「面白いことを言うことが必要なわけではない」を地で証明する結果に。

                素晴らしい!
              • 02. 高校の先生方向けの研修で使った!

                Thumb 32558731
                ほら、みなさん見てください。
                お堅い先生方の口角が緩むのを!
              Convert State

               to Annotation.

              Select the numebr of the state to annotate.

              OK
              cancel
              Loading

              facebook

              , data-width="400", data-show-faces="true" data-send="true"
              , data-width="400", data-order-by="reverse_time"