手袋をスムーズにはめたい!(澤さん)

Created Date: 2019-10-19/ updated date: 2019-11-17
Owner & Collaborators
License
Summary

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • 澤隆志さん。
          脳梗塞で右半身に麻痺があり、右手をうまく使うことができません。

          冬も自転車に乗るのですが、右手に手袋をはめることが困難で、とてもストレスになっている。
          • ・右手に手袋をはめる際にとても時間がかかる。
            ・手袋をはめられないと冬寒い。
            ・手袋がないと危険な作業もある。
            ・毎回イライラしてストレスが溜まる。

            スムーズにはめられれば、時間も短縮でき、ストレスもたまらない。

            • ・手袋自体の指同士がひろがっていれば、入れやすい?
              ・手袋の入り口が広がった方が入れやすい。
              ・指レーン有りの手へら器具?
              ・手袋を半分までひっくり返す?
              ・手袋をひっくり返すのが手間?
              ・すぐにひっくり返るような器具?
              ・器具はまっすぐではなく、手の形に沿って少し曲がっていた方がいいかも。
              ・器具は指先までなくても、第二関節くらいまであれば良いのでは。
              ・手袋の入り口にリングを取り付けるのは?指が入りやすくなるのでは。


              • ・澤さんの手を3Dスキャンして、データを編集しようと思ったが、3Dデータを編集するのに時間がかかるため、断念。
                ・手袋の指の入り口にリングをつけるためのリングを3Dプリントしたが、手袋の指部分にうまくつけられないので、断念。

                ・紙コップに手袋の指をコップに入れて、手袋入り口をひっくり返してコップにかける。そうすると指部分の入り口が広がって、入れやすくなる。
                • 色々と試行錯誤したが、結局、コップを使う方法が一番スムーズに手袋をはめることができた!

                  持ち合わせがなければ、どこでも売ってるコップで問題が解決できる。
                  コップを使い回せばエコにもなる。
                  飲み終わったコーヒーのコップも使える。
                  • コップだと安定しにくいので、コップ(筒状)の底を安定させるための土台を付き、かつ、丸ではなく楕円の筒をモデリングして3Dプリンターで造形したい。
                    折りたたみできるなど、持ち運びに便利にできるとなお良い。
                    Add Card Order

                    References

                      Usages

                        Project comments