Digital Synth VRA8-U(Arduino Uno用)

Created Date: 2022-09-04/ updated date: 2022-10-03
Owner & Collaborators
License
Summary
Arduino Unoの限界に挑戦する、Digital Synth VRA8シリーズ第8弾。8ビットCPUひとつで音を合成するシンセサイザー(MIDI音源)です。シリーズの集大成として、高機能な単音モードとシンプルな4音モードの切り替えに対応、コーラスエフェクトを搭載。ソースコードはフリーで、Arduino、抵抗、コンデンサ、オーディオジャックがあれば作れます。楽器などに組み込むことも可能です。

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        Add Card Order

        References

          Usages

          • 制御用アプリVRA8-U CTRLの使い方

            1. "vra8-u-ctrl.html" をGoogle Chromeで開く。
            2. MIDIキーボード等を接続している場合、MIDI IN 1から4でそれらを選択。
            3. MIDI OUTでloopMIDI Portを選択。(MIDIシールドを使用する場合は、PCに接続しているMIDIインターフェースを選択)
            4. 一番下のソフトウェアキーボードをクリック(タッチ)すると、音が出る。
            5. その他、各種パラメーターの調整やプリセット音色の選択が可能。(対応パラメーターは "VRA8-U-Parameter-List.md" を参照)
          • VRA8-U CTRLの仕様

            • MIDI INでプログラムチェンジ#0-#15が入力されると、コントロールチェンジに変換して、MIDI OUTに出力します。(#0-7がプリセット、#8-15がユーザープログラム)
            • プログラムチェンジ#127が入力されるか、コントロールチェンジ#90の値がOff(63以下)からOn(64以上)に変化すると、「Rand Ctrl」が処理されます。
            • 現在のパラメーター値をユーザープログラム(#8-15)にストア、リコールできます。(Webブラウザに保存)
            • 現在のパラメーター値およびユーザープログラム(#8-15)を、JSONファイルにインポート/エクスポートできます。
          • VRA8-U CTRLを使用しない場合

            • VRA8-U CTRLを経由せず、本体に直接MIDIデータを入力することでも制御可能です。
            • 対応機能は、"VRA8-U-MIDI-Implementation-Chart.txt" を参照してください。
            • デフォルトのプログラムは#0です。
            • プログラムチェンジ#8-#15は、#0-7に読み替えられます。"program-table.h" を編集することで、プリセットを修正できます。

          Project comments

          • No.001risgkPosted date: 2022-09-04
            Digital Synth VRA8-Uを実際に作って動かしたら、コメントなどで教えていただけると嬉しいです。