レーザー加工機でいろいろな箱を作る~第2弾

Created Date: 2020-11-23/ updated date: 2020-11-24
    Owner & Collaborators
    License
    Summary
    boxes.pyというソフトウエアを活用して、さらに複雑な形状の箱を作っていきます。

    Materials

      Tools

        Blueprints

          Making

          • Boxes.pyというソフトウエアを活用して、その中にあるFlexBox2を使用して柔軟に曲がる部分をもつ箱を作っていきます。従来ならば、このスリット部分は試行錯誤しながら自作していたのですが、これを活用すると作業時間が大幅に短縮されます。今回はその中にあるFlexBox2を使用してみます。数値はデフォルトの値をそのまま使用して、板厚(thickness)だけ3mmから2.5mmに修正してから「Generate」クリックして展開図を作成します。
            • 作成された展開を確認します。下にある100mmという表示部分は長さの目安を示したものであり、使用する部品ではありません。
              • はめ込みが固くててこずる部分もあるかもしれませんが、複数の接合面に対して均一に荷重を加えながら少しずつはめ込んでいきます。

                Add Card Order

                References

                  Usages

                    Project comments