レーザーカッター (trotec speedy 360 , 400)

Owner & Collaborators
License
Summary
レーザー光線をレンズで一点に収束させ、素材を切ったり彫刻したりできる機械です。
カットしたい線や彫刻したい線をベクターデータで、彫刻したい面をベクターデータもしくはラスターデータで用意し、それらのデータを元に加工ができます。
レーザー光線の「パワー」とヘッドの移動する「スピード」の二つのパラメーターで加工の状態を変化させる仕組みになっているため、「1.2mm彫りたい」のような彫る深さを指定しての加工はできません。パラメーターを調整しながら実験を繰り返すことで、求める状態に加工を近づけていくことができます。 (工房利用対応しつつ、隙間時間でぼちぼち更新中!)

Materials

    Tools

      Blueprints

        Making

        • まずは、加工可能条件について把握しましょう。
          • ベニヤ……6mmまで
            MDF……9mmまで
            ファルカタ……13mmまで
            アクリル……10mmまで
            厚紙……4mmまで
            レーザー用ゴム……1.5mmまで
            皮革……2mmまで

            などがあります。

            加工サンプルの実物はウルトラファクトリーのサンプル棚に置いているので、必要であれば見に来てください。また、素材の状態によってはカットできにくい場合もあります。(吸湿してるなど)必ずテスト加工をするようにしましょう。
          • ・鏡面処理された素材
            ・なめし剤にクロム(VI)を使用した本皮と合成皮革
            ・カーボンファイバー(炭素繊維)
            ・ポリ塩化ビニル、塩ビ(PVC)
            ・ポリビニルブチラール(PVB)
            ・ポリテトラフルオロエチレン樹脂(PTFE/Teflon)
            ・酸化ベリリウム
            ・エポキシ樹脂、フェノール樹脂を含有する素材
            ・ハロゲン(フッ素、塩素、臭素、ヨウ素、アスタチン)を含有する素材
            ・臭素を含む難燃性の素材
          • ①800×500もしくは950×600以内で加工素材のサイズを決める
            ②Illustratorを起動する
            ③加工素材以内のサイズのアートボード作成
            ④ドキュメントのカラーモードをRGBにしておく
            ⑤オブジェクトの作成
            ・カットしたい線は塗りなしのパスで作成する
              ・彫刻したい面はパスの面の塗りがある状態で作成する
              ⑥.aiで保存して持参する
            1. 先の手順がわかりにくい場合は、レーザー加工のデータ例を載せておくので、これを使って、どうにかがんばってください。
              レーザー加工のデータ例にある赤い線がカット、黒い塗りが彫刻で、加工するとこの写真のようになります。
          • UVプリンターでイメージを印刷した後、レーザーカッターでカットと彫刻の加工をする場合のデータ作成方法です。

            イメージをUVプリントする際に、レーザー加工時の位置合わせ用のガイドも合わせてプリントしておきます。
            その後、印刷されたガイドを目印にレーザー用のデータの位置を合わせをして加工します。

            レーザーカッター のデータは、「ジョブサイズに最小化」(オブジェクトのみになる)して送るか、アートボードごと送るかの選択ができます。ここでは印刷するガイドと同じ大きさのオブジェクト(ただの四角)をレーザーカット用のデータに用意することで位置合わせが可能になっています。
            • ①UVプリンタとレーザーカッターの加工可能サイズを確認し加工素材とそのサイズを決める
              ②Illustratorを起動する
              ③加工素材以内のサイズのアートボードをCMYKモードで用意する
              ④プライマー、ホワイト、CMYK、グロスの4種類のうち、どのインクを使用するか決める
              ⑤使用するインクごとにレイヤーを作成する
              ⑥CMYKのレイヤーの四隅にレーザーカット時に目印にする十字マークを描いておく
              ⑦各レイヤーごとにオブジェクトを作成する(十字マークより内側に配置すること)
              ⑧レーザーカット用のレイヤーを用意し、カットしたい線をパスで描く
              ⑨CMYKレイヤーの四隅に作った十字マークと同じ大きさの四角を描く
          • UVプリンターでイメージを印刷した後、レーザーカッターでカットの加工をする方法です。
            trotecのレーザーカッターのJCV(ジョブコントロールビジョン)という、レジマークをカメラで読み込んで位置合わせをしながらカットをしてくれる機能を使うためのデータ作成方法の説明です。
            • まずは、UVプリンターとレーザーカッター両方の加工可能条件をチェックし、両方の機械に入るサイズなのか、加工してもいい素材なのか把握しましょう。
              なお、JCVで彫刻はできません。カットのみ可能です。
            • CADで引いた図面は制作の過程で線が重複していることがあります。
              見た目には分からなくても、線が複数重なっていれば、その数だけレーザー光がそこを通ります。(3本線が重なっていれば3回加工してしまうなど)同じ箇所を複数回加工することによって、素材によっては発火の可能性があったり、切り口がひどく焦げて汚くなってしまったりします。
              →AutoCADならoverkillであらかじめ重複した線を削除しておくとよい
          Add Card Order

          References

            Usages

              Project comments