Searched Projects: 3Dプリンタ

  • ニードノウア:  中山一二三 メンバー:  リーダー:岡崎優子  中山知子  阿部邦彦   サポーター:  林園子
    12 Steps /
    0 Memos
    since 444 days ago
    0
  • 充電ケーブルが床に転がってて何が何だか分からなくなってきた、、という状態のひとは私だけだはないはず。ベッドの下に転がっているケーブルを何とかしたいという身近な課題を解決すべく、ケーブルをすっきりさせ、かつインテリアとして機能するものを作りたいと思い制作した。 SDGsの12番目に「作る責任、使う責任」がある。その中でも、作る側、使う側の責任として、物を大切に使うことで新しいものをどんど...
    2 Steps /
    0 Memos
    since 440 days ago
    0
  • 私は高校の課題研究で3Dプリンターを活用することで物を作る際にどのようなメリットがあるのか、特に工業系ではなくデザイン系でどう活用できるかをリサーチする研究をしていました。しかし、そもそも3Dプリンターを使えるようにするためにはどのような手順を追って勉強していけばよいのか分からずやはり敷居が高く感じました。機械専門の友達や先生に協力していただいたり、ファブラボで講習や相談をして頂いたりしてな...
    7 Steps /
    0 Memos
    since 491 days ago
    0
  • 7 Steps /
    0 Memos
    since 840 days ago
    0
  • 佐藤さんのお困りごと相談の部屋 勤め人でありALSの佐藤さん。PCとタブレットとスマホを駆使したデスクワーク環境を少しでも快適なものにするため、どのようなツールが創り出されるのか。当初のニーズに2点あげておられましたが、どれが欠けてもいけないと考え、PCとタブレットとスマホをつなぐスイッチコントロールとスマホグリップとスマホポケットを佐藤さん仕様にデザインしました。そこには先を見越した提案...
    8 Steps /
    5 Memos
    since 691 days ago
    0
  • 人とのコミュニケーションで大事なのは、大切な人が、どんな事を感じて、何も想い 伝えたいと考えているのか? それは障がいが有る無しに関わらず、みんなが知りたい想いだと思います。  一つの動きが気持ちを伝えるサインになって、そのサインを感じるアンテナを持てれば、もっと楽しいことが増えるはず! ある御家族からの提案で物語は始まります。 第1章 訪問看護ステーションからのリハビリテーションのサ...
    8 Steps /
    0 Memos
    since 1525 days ago
    0
  • 今年は新型コロナウイルスの影響により、日頃の感染予防が欠かせなくなりました。withコロナ社会と言われるように、毎日のコロナの話が話題になるほど日々の生活に浸透していきました。そこで私はウイルス感染予防に役立つアイテムを作ろうと思いました。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 808 days ago
    0
  • 2020年、世界はコロナ禍にある。私は、3月からの閉校期間中にフェイスシールドの公開モデルDoyo-fastを使用し3Dプリンターでフェイスシールドを制作し、病院や学校に無償で提供する活動を行いました。この活動を通して、社会で必要とされている”もの”の誰もが使える3Dデータの重要性を学びました。緊急事態宣言が解除された今、コロナ対策のグッズのニーズが変化してきています。学校では、対面の授業や...
    11 Steps /
    0 Memos
    since 832 days ago
    0
  • 高齢化社会が進んでいる今、高齢者は日常生活の中で何に困っているのかを考えた。 僕たちの身近にあり、日常生活に欠かせないものとなっているペットボトルのキャップが開けにくいということに着目した。高齢者は、加齢とともに体力や筋力が低下し、力を必要とする作業が困難になる。 そこで僕は、『人間工学』に基づいて、体の大きな筋肉を使って楽にキャップを開けることができるペットボトルオープナーを3Dプリン...
    7 Steps /
    0 Memos
    since 809 days ago
    0
  • 7 Steps /
    0 Memos
    since 797 days ago
    0
  • 災害現場などで出血を伴う大きな怪我をした場合、一刻も早く止血をおこなうのが人命救助の基本です。 しかし、大量出血の場合、人の力だけで十分な止血を施すことはできません。そのため、布や棒などを用いて止血をおこなうのですが、素人では棒がうまく固定できず止血完了までに多くの時間を要することになってしまいます。 今回、看護学科を設置する鳳凰高校の高校生・教員と南さつま市の消防本部に勤める救急救命士...
    9 Steps /
    3 Memos
    since 1138 days ago
    1
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags