Searched Projects: fabcon2020s

  • プラスチックゴミの問題は世界中で起こっています。 プラスチックゴミを出さないように様々な対策がされ始めている中で、現在出てしまっているプラスチックゴミはどのように回収すればよいでしょうか。 大きなゴミは拾えますが、砂浜にある細かくなってしまったプラスチックの破片までは拾えない…。 その考えを覆し、諦めないで細かくなったプラスチックも回収したい! そんな思いから「すなふる」を作りました!
    3 Steps /
    0 Memos
    since 96 days ago
    0
  • 最近コロナウイルスがよくニュースになる。 しかし、小学校低学年のこや幼稚園年長さんには正直まだテレビでやっているニュースは難しいと思う。 そこで小さい子にも楽しくコロナ禍の日本の現状を知ってもらうためにこのボードゲームを作った。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 35 days ago
    0
  • 今年は新型コロナウイルスの影響により、日頃の感染予防が欠かせなくなりました。withコロナ社会と言われるように、毎日のコロナの話が話題になるほど日々の生活に浸透していきました。そこで私はウイルス感染予防に役立つアイテムを作ろうと思いました。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 72 days ago
    0
  • こんにちは!高校生の長谷川 肇です。 僕は、コロナウイルスが蔓延するこの社会でアルコール消毒ポンプは皆が触れているから結果的にそこを感染源として接触感染してしまうのではないかと疑問を持ち、それを解決する方法として、バランサーキャップと呼ばれる3Dプリンタで印刷した押す力を分散させるキャップを開発し、それを利用したタッチレス消毒ポンプを制作しました。
    8 Steps /
    0 Memos
    since 35 days ago
    1
  • 「在庫廃棄」「量産型ファッション」...そんな言葉が生まれる現代、ファストファッション企業が台頭しファッションの無個性化と環境問題が発生しています。ファッションの無個性化は着る人だけでなく、"まち"の無個性化を推し進めているのではないでしょうか。 そこで今回は、3Dプリンタで印刷したパーツを洋服に縫い付けて気分や気候に応じてカスタマイズできる『ComClothes』を製作しました。服の...
    15 Steps /
    0 Memos
    since 41 days ago
    0
  • Go To トラベル、Go To eat も始まり、外に出る機会が増えたと思う。私はいわゆるJKであり、友達とインスタ映えするような食べ物や話題の食べ物を食べることが多い。最近はコロナの影響で店内では食べれず、食べ歩きするようなものが増えている。今回はタピオカなどの飲み物に焦点にし、「あったらいいな」、「かわいい!」と思えるものを考えた。
    3 Steps /
    0 Memos
    since 37 days ago
    0
  • 2020年、世界はコロナ禍にある。私は、3月からの閉校期間中にフェイスシールドの公開モデルDoyo-fastを使用し3Dプリンターでフェイスシールドを制作し、病院や学校に無償で提供する活動を行いました。この活動を通して、社会で必要とされている”もの”の誰もが使える3Dデータの重要性を学びました。緊急事態宣言が解除された今、コロナ対策のグッズのニーズが変化してきています。学校では、対面の授業や...
    11 Steps /
    0 Memos
    since 95 days ago
    0
  • GYM(Guard Your Mask)呼称:ジム コロナウイルスが世界中で猛威を振るうなか国内では政府がGo ToトラベルやGo To Eatキャンペーンを行うなど経済活動の活発化を図っている。そんな中、国民の中で外食をする回数が日々増えてきた。感染予防策としてマスク着用での入店を強いられる店舗も多い。その場合、食べる時になるとマスクを外すことになる。その外したマスクはどこにしまうであろ...
    6 Steps /
    0 Memos
    since 53 days ago
    0
  • 「Go To トラベル」も始まり、コロナウイルスが少しずつ落ち着いてきた今だけれども、「感染させてしまうかも」と思い、なかなか会えない相手も多いでしょう。 ~~「Pao」は遠く離れた二人がグッと近づく楽器~~ 感染させてしまうかもと思い帰省できず会えなかった祖父母と孫とで演奏したり、海外に住む友達と演奏したり。 「たとえ会えなくても少しでも一緒にいる感を味わいたい」そんな思いで「Pao...
    19 Steps /
    0 Memos
    since 141 days ago
    0
  • 学校でメモを回すときに、お互いが接触していることに気がついた。その時、私はコロナウイルスの感染を予防する為に、メモを共有する時になるべく接触を避ける仕組みが必要だと思った。そこで、手書きのメモを自動的に電子化してくれる「文庫本サイズ」のデバイスを作った。手書きのメモを電子化することで、サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させるというsociety5.0を目指す社会の構築にも役立つと考える。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 41 days ago
    0
  • 高齢化社会が進んでいる今、高齢者は日常生活の中で何に困っているのかを考えた。 僕たちの身近にあり、日常生活に欠かせないものとなっているペットボトルのキャップが開けにくいということに着目した。高齢者は、加齢とともに体力や筋力が低下し、力を必要とする作業が困難になる。 そこで僕は、『人間工学』に基づいて、体の大きな筋肉を使って楽にキャップを開けることができるペットボトルオープナーを3Dプリン...
    7 Steps /
    0 Memos
    since 72 days ago
    0
  • 私の住んでいる西東京市では、中学生や散歩中に疲れたご老人がガードパイプに腰をかけて休憩している光景をたまに見かけます。それは、下校中や散歩中に休憩するのにちょうど良いベンチがないからだと考えました。そこで、ガードパイプに立てかけられる折りたたみのイスを開発しました。
    7 Steps /
    0 Memos
    since 36 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags