Searched Projects: ファブ3Dコンテスト

  • 植物としゃべってみたい... 植物が元気か知りたい... そんなことを思ったことはありませんか? "Cactify"はこれをIoTで実現! LINEのボットと話しかけることで、植物とおしゃべりを楽しんだり、植物が元気かどうかを確認することができます。
    9 Steps /
    0 Memos
    since 261 days ago
    0
  • ファブ3Dコンテスト2018 カテゴリー5:デザインエンジニアリング部門 テーマ:3Dプリントエッグドロップパッケージ Ova fuga〜飛行卵〜
    4 Steps /
    0 Memos
    since 250 days ago
    0
  • 2018年度のFAB3DCONTESETの取り組みをまとめてみました。実施した内容やスケジュール感など、今後の参考になれば幸いです。
    7 Steps /
    1 Memos
    since 243 days ago
    0
  • 「三陸さんまイヤホン」は、100円ショップで売られている既存のイヤホンに、さんまの形のホルダーを装着することで、頭にさんまが刺さっているかのように見えるグッズです。 全国で屈指のさんまの水揚げ量を誇る岩手県大船渡市から、全国に向けてさんまを地域のブランドとしてアピールするために行ったアイデアソンで生まれたアイデアを、具現化するために制作をしたものです。 三陸の豊かな資源を守りなが...
    5 Steps /
    0 Memos
    since 250 days ago
    0
  • ファブ3Dコンテスト 2018 カテゴリー5:スパイダーエッグ改 去年に引き続き2度目の出場となる。 去年の目標は10mとしたが、自宅周辺では7mまでしか測定出来ずに不安を抱えたまま実戦大会の本番に臨んだのだが、なんと最大落下距離である17mまで残り、名誉ある特別賞をいただくことができた。 ただし、昨年、同じ17mを到達した優秀賞を獲得された譜久原氏の作品は見事なメカニズムであり、にわ...
    10 Steps /
    0 Memos
    since 251 days ago
    0
  • MakerFaire Tokyo 2018でファブラボ鎌倉ブースから『握りん君』を出品しました。 『握りん君』は指が不自由な人向けに、弱い力で物を掴む簡易義手をイメージして作成しました。 この MakerFaire で多くの子供が興味を持って実際に物を掴んで遊んでくれました。 そのお陰で発見とも言うべき多くの貴重な情報を得ました。 『握りん君 Jr』はその発見を踏まえ、特に幼い子供...
    7 Steps /
    0 Memos
    since 262 days ago
    0
  • 〇 日々の記録(部活動を行った日の日誌等)  2018年8月  ・本校インフォメーションデザイン部の活動の一環として、部員がFab3Dコンテストに参加することを決めた。その後、10月まで、3回/週、1時間/回程度で制作していった。  ・本校オープンスクールにて、試作品の展示、紹介を行った。  同年9月  ・ファブラボ山口にて、試作品のアドバイス・修正案をいただいた。また、施設内の機...
    0 Steps /
    0 Memos
    since 250 days ago
    0
  • 2018年6月にオープンしたばかりのファブラボ神戸β。今回はファブ3Dコンテスト2018に向けた取り組みとしては、以下です。 ・3Dプリンターをみんなでつくる会を開きそこで宣伝 ・Facebookで宣伝 ・ファブラボ神戸βのメンバーから2件提出
    3 Steps /
    0 Memos
    since 250 days ago
    0
  • リコーダーなんて吹けないー!音楽なんてもう捨てた! 楽器も演奏できない、音楽的センスゼロの僕でも簡単に演奏できちゃう楽器 ”CUBEs"をみなさんも演奏してみては! インテリアにも楽器にも、可愛くておしゃれで欲しくなる、そんな楽器こそがCUBEsです。 さぁ、楽しもう、CUBEsの演奏を!
    27 Steps /
    0 Memos
    since 284 days ago
    0
  • 0 Steps /
    0 Memos
    since 251 days ago
    0
  • ファブ3Dコンテスト2018:カテゴリー2:小動物用カスタムコーム 名前の通り、我が家の愛するペットの為に制作されたコーム。我が家の場合ではデグーだが、ハムスターやリスなど小動物のためのケア用品がお店で取り扱われていることは少ない。そこで、自分で制作してみようと思った。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 274 days ago
    0
  •  せっかく取っておいたプリンを家族に食べられてしまった!そんな経験はありませんか?  “食べ物の恨み”  それはコミュニティに多大な影響を及ぼす無視できない課題です。  そこで制作したのが、冷蔵庫のプリン見守りデバイス「プリン・ア・ラート」です。  プリン・ア・ラートは、プリンが取られたことを検出すると、犯人に警告を与えます。怒った顔、「プリン、返してね」という強いメッセージ。つ...
    5 Steps /
    0 Memos
    since 291 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags