Searched Projects: SFC

  • Adobe Illustrator上に、3Dプリント用のG-CODEを読み込んで視覚化し、ツールパスの一部を手作業で修正したり、Illustratorで白紙の上にツールパスを描き、それを3Dプリント用のG-CODEとして変換して書き出すことを可能にする、Advanced FABのためのイラストレーターの新しいプラグインです。複数の素材を編み込みあわせたり、空隙の割合をグラデーション的に変えて...
    10 Steps /
    0 Memos
    since 975 days ago
    2
  • 3 Steps /
    0 Memos
    since 600 days ago
    0
  • This project looks at using the OTON GLASS and other available OMR (Optical Music Recognition) software to convert musical notation to audio signals. This can be used for people who are learning to...
    11 Steps /
    0 Memos
    since 160 days ago
    0
  • ccx -c .....inp で読めているらしい
    2 Steps /
    0 Memos
    since 125 days ago
    0
  • 3Dプリントした物の強度の目安を図るための試験片を作成します。スライスの結果によって結果が大きく変わるので、そのプロセスからよく見てみましょう。
    3 Steps /
    0 Memos
    since 387 days ago
    0
  • 慶應大学SFCにて開発中の小型センシングデバイス「FabLogger」の概要、および利用方法についてまとめます。
    7 Steps /
    0 Memos
    since 408 days ago
    0
  • 【エクスペリエンスアンドエンゲージメントデザイン講義概要】 かつては工業製品の試作開発用に「RP(ラピッド・プロトタイピング)」という名前で活用されていた立体造形技術が、いま「3Dプリンタ」という親しみやすい呼称とともに社会に広がりはじめています。この技術の正確な内容、そして社会の中での活用法については、まだ十分に知られていないのではないでしょうか。 そして、「3Dプリンタ」より...
    8 Steps /
    0 Memos
    since 496 days ago
    3
  • ※本ページは、随時最新版に更新されています 実施概要 アイデアを出し合い、カタチにするプロセスを実習を通じて学んでいきます。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------...
    17 Steps /
    0 Memos
    since 439 days ago
    0
  • FabWalkerは、上手に「歩く」という方法を考えるロボットキットプロジェクトです。ロボット単体では動きませんが、胴体部分に、足となる素材を組み合わせることで歩き出します。用いる素材は、ロボットとはちょっと結びつかないような木など自然物やペンなど身の回りにある素材などアイデアの数だけあり、素材次第で歩き方が変わったり、ドローイングボットや運搬ロボットに変化します。ひとつのロボットがいろいろ...
    6 Steps /
    0 Memos
    since 1447 days ago
    0
  • ケプラーの多面体太陽系モデルを参照に、太陽を電球に見立て、太陽ー地球間の宇宙の構造と多面体の関係をランプシェードとして表現した。
    9 Steps /
    0 Memos
    since 1038 days ago
    0
  • 7 Steps /
    0 Memos
    since 1427 days ago
    0
  • http://www.monolith.zone/#introduction
    4 Steps /
    3 Memos
    since 935 days ago
    1
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags