Searched Projects: pet

  • 2020年、世界はコロナ禍にある。私は、3月からの閉校期間中にフェイスシールドの公開モデルDoyo-fastを使用し3Dプリンターでフェイスシールドを制作し、病院や学校に無償で提供する活動を行いました。この活動を通して、社会で必要とされている”もの”の誰もが使える3Dデータの重要性を学びました。緊急事態宣言が解除された今、コロナ対策のグッズのニーズが変化してきています。学校では、対面の授業や...
    11 Steps /
    0 Memos
    since 63 days ago
    0
  • 高齢化社会が進んでいる今、高齢者は日常生活の中で何に困っているのかを考えた。 僕たちの身近にあり、日常生活に欠かせないものとなっているペットボトルのキャップが開けにくいということに着目した。高齢者は、加齢とともに体力や筋力が低下し、力を必要とする作業が困難になる。 そこで僕は、『人間工学』に基づいて、体の大きな筋肉を使って楽にキャップを開けることができるペットボトルオープナーを3Dプリン...
    7 Steps /
    0 Memos
    since 40 days ago
    0
  • 7 Steps /
    0 Memos
    since 71 days ago
    0
  • 【ゆるファブレシピ】 3DCAD(Fusion360)を使ってPETボトルキャップを改変する方法です。 自分のオリジナルのPETボトルキャップを作って、Usagesに投稿してね。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 1346 days ago
    0
  • 握力が弱くても、ナイフの落下を気にすることなく皮むきができるための道具です。人差し指のつけ根を支点に、てこの原理で皮むきが楽に行えます。
    1 Steps /
    0 Memos
    since 540 days ago
    0
  • 素材の特性をわかりやすく比較できるようなモデルを作成し、それを複数のフィラメントで出力し実際に比較してみる。
    18 Steps /
    0 Memos
    since 549 days ago
    0
  • FAB3D CONTEST 2018 : カテゴリー2(​暮らしの自由研究) すでに生産終了・事業清算した古い3Dプリンタの再生・再利用を目指した検討・設計・製作プロジェクトの一部始終。 ※FAB3D CONTEST 2018 / Fabble については本プロジェクト開始後に知ったので写真や資料が後追いの作成になっています。 協力(要請)ファブ施設:FabLab SENDAI - ...
    12 Steps /
    0 Memos
    since 741 days ago
    0
  • ファブ3Dコンテスト2018:カテゴリー2:小動物用カスタムコーム 名前の通り、我が家の愛するペットの為に制作されたコーム。我が家の場合ではデグーだが、ハムスターやリスなど小動物のためのケア用品がお店で取り扱われていることは少ない。そこで、自分で制作してみようと思った。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 763 days ago
    0
  • 3Dプリントした物の強度の目安を図るための試験片を作成します。スライスの結果によって結果が大きく変わるので、そのプロセスからよく見てみましょう。
    3 Steps /
    0 Memos
    since 912 days ago
    0
  • CTスキャナを使用して、自然に存在する複雑な構造のもののデータを取得し、そっくりそのまま3Dプリントすることに挑戦してみました。
    11 Steps /
    0 Memos
    since 1455 days ago
    0
  • スライサーのパラメーターってなんのことか分からない! みんなでわかりやすく日本語化できるといいですね
    10 Steps /
    0 Memos
    since 1749 days ago
    2
  • 3Dプリンター Solidoodle Workbench の使い方をまとめました。 Z軸の原点調整に癖があるので気をつけましょう。
    9 Steps /
    2 Memos
    since 1848 days ago
    1
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags