Searched Projects: Contest

  • ファブ サマーキャンプ プログラム ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- ファブサマーキャンプ 2019 : テクノロジーを使ってア...
    7 Steps /
    0 Memos
    since 29 days ago
    0
  • 自分で主催して、自分で応募して、自分で受賞するFabコンテストを開催しよう! ルールはかんたん。時期をそろえてひとりひとりで自由に開催して、思い思いに盛り上がろう! 合同発表会も企画するので、自分で決めた好きな賞を受賞して、みんなで祝福しよう!
    4 Steps /
    1 Memos
    since 43 days ago
    1
  • ファブ サマーキャンプ プログラム ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- ファブサマーキャンプ 2019 : テクノロジーを使ってア...
    7 Steps /
    1 Memos
    since 75 days ago
    1
  • 植物としゃべってみたい... 植物が元気か知りたい... そんなことを思ったことはありませんか? "Cactify"はこれをIoTで実現! LINEのボットと話しかけることで、植物とおしゃべりを楽しんだり、植物が元気かどうかを確認することができます。
    9 Steps /
    0 Memos
    since 345 days ago
    0
  • 11 Steps /
    0 Memos
    since 334 days ago
    0
  • 健康の為スマホで音楽を聴きながらウォーキングをする様になった。ウォーキングを続けていると何時しかイヤホンのラインが邪魔に感じる様に。イヤホンに付属しているアジャスターやラインの途中にアジャスターが組み込まれている物など色々試してみるもなかなか自分の思うようにならず、又、コードレスの物を使用してみるも充電の手間が面倒で以外と使いずらい(結構すぐ壊れるし・・・)。そこで、自分の使い勝手の良いライ...
    6 Steps /
    0 Memos
    since 343 days ago
    0
  • キュートなアノマロカリスが付いた電気スイッチカーバーの作成に挑戦しました。 Fusion360の操作に慣れることから始まり、要領が悪くかなり苦戦ましたが、最後はなんとか形にすることができました。 完成まで温かく見守っていただけると幸いです。
    9 Steps /
    0 Memos
    since 701 days ago
    0
  • 遊べるおもちゃ クリスマスツリーの飾り付けをイメージしたおもちゃ プロフラムで複雑に組まれたシステムではなく、単純配線による機械的変化がそのままアウトプットへつながるシステム。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 334 days ago
    0
  • Fab 3D Contest 2018:カテゴリー5:Formula Fish 「落下速度」、「落下精度」、「耐久性」の3項目を限界まで向上させました。 前大会の作品は、落下傘を取り付けることによる姿勢制御を重視しましたが、結果的に終端速度を大幅に下げることにつながってしまいました。そこで、今回は17mに耐えうるうえで落下速度と精度を重視したデザインを考えました。
    10 Steps /
    0 Memos
    since 335 days ago
    0
  • 僕たちの家には、車の型をした 消しかすを集めるためのとてもおもしろい文房具があります。 消しかすクリーナーの動き方や消しかすの集め方の仕組みを調べるために分解していくと、歯車は動力を伝えたり、タイミングよく動く仕組みを作っているとわかり「歯車はすごい!」と思いました。 そして、僕たち兄弟で、この歯車の仕組みを使ってオリジナルの消しかすクリーナーを作ることにしました。
    14 Steps /
    0 Memos
    since 343 days ago
    0
  • FAB 3D CONTEST 2018 カテゴリー5:3Dプリントエッグドロップパッケージ 応募作品 実戦大会の最高17mをクリアすることが目標。 また、この挑戦を通して3Dプリンターを使えるようになることも目標とする。
    6 Steps /
    1 Memos
    since 340 days ago
    0
  • 私達、チーム “ Hi! touch ” (金野尾岬、山口紗弥、田添奏、大塚初花)は笑顔を誘うというテーマのもと、“ Hi! タッチマン ”という大切な人と人を繋ぐアイテムを開発しました。
    10 Steps /
    0 Memos
    since 319 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags