Searched Projects: 3D print

  • The Moon bin is the newest and most revolutionary way for humans living on the moon to keep their trash safe and to not let all of trash fly into space to make the dangerous space garbage. The Moon...
    4 Steps /
    0 Memos
    since 24 days ago
    0
  • With lots of new currencies being developed and new future cities becoming more and more international, we might need to start using a new international currency. We wanted to try making our own cu...
    4 Steps /
    0 Memos
    since 24 days ago
    0
  • 電動車いす利用者の『電源ボタンが指では押しづらく、日常の利用に支障があるという』声をうけて、電源ボタンにボタンカバーをつけて、手のひらで押せるようにしました。
    7 Steps /
    2 Memos
    since 325 days ago
    1
  • 電動車いすの中でも一番大事なコントローラー部分。 大事なパーツなのに壊れやすいし、ぴったりなカバーもなかなか見つからない……。 そんな電動車いすユーザーの方のお悩みを解決すべく、 自分仕様にカスタマイズしたコントローラーカバー作りました! ☆★ 今回私たちが作ったコントローラーカバー、その名も『全力で守る君!』 今注目されている最先端技術「3Dプリンター」を使用して作りました! ...
    5 Steps /
    0 Memos
    since 138 days ago
    0
  • Rhaspberry Pi Zero にOctoprint を導入して、3Dプリンターをスマホやパソコンでどこからでも操作できる方法を紹介します。
    14 Steps /
    0 Memos
    since 135 days ago
    0
  • サーバ側にG-CODEとGIFアニメーションを用意しておく。 クライアント側に3Dプリンタにつながった(安価な)PCを用意しておき、そのPCはサーバ側からG-CODEとGIFアニメーションをダウンロードして表示する。ユーザはクライアントPCのタッチパネルから好みのデータを選択すれば、自動的に3Dプリントが開始される。
    4 Steps /
    0 Memos
    since 81 days ago
    0
  • 3Dプリンタでモデルを出力するには、もととなる3Dデータが必要です。 3Dデータを用意する方法は、3DCADソフトや3DCGソフトを使って自分でモデリングする、3Dスキャナーを使ってスキャンしたデータを整えて使うなどがあり、用意した3Dデータをstl形式で書き出す必要があります。しかしstlデータファイルにはオブジェクトそのものの情報しかないため、これだけでは3Dプリンタは自分がどう動けば...
    5 Steps /
    0 Memos
    since 169 days ago
    0
  • SFCスピリッツの課題で作成しました。 SFC生は、イヤホンやパソコンの充電器、スマホ充電器などコード類を持ち歩くことが多いが私のようにカバンやポーチに入れたものの中でコードが絡まってしまうことも多いと思います。100円ショップのマジックテームだと繊維がボロボロになってしまったり、Amazonだと1つ300円ぐらいするので高い。だったらSFCの3Dプリンターを利用すれば無料で作ることができ...
    4 Steps /
    0 Memos
    since 108 days ago
    0
  • デジタルファブリケーションの最終課題 毎日何気なく、当たり前に履いている靴は、こんなにも複雑な構造をしていて、こんなにも作るのが難しいのかと気づかされました。一生靴職人を尊敬します。靴に感謝、、、笑
    7 Steps /
    0 Memos
    since 122 days ago
    0
  • 9 Steps /
    0 Memos
    since 129 days ago
    0
  • Fast Honeycomb形状(Simplify3D)を用いて、インフィル率の違いによる柔らかさをデザインし、履き心地の良いインソールをデザインする。
    4 Steps /
    0 Memos
    since 182 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags