Searched Projects: 動画

  • OBSを使ってYoutubeでライブ配信する方法を説明しています。
    5 Steps /
    3 Memos
    since 43 days ago
    0
  • Fusion360を使って歯車を設計し、実際に歯車がかみ合って回転するシミュレーションを行います。Fusion360のUIデザインの変更などに伴い、アップデートしています。
    16 Steps /
    0 Memos
    since 1540 days ago
    7
  • てこクランク機構とは一つのリンクが回転して、向かい合うリンクがてこのはたらきをする4節リンク機構です。ここではそのモデルを作成します。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 54 days ago
    0
  • カッティングシートやシールなどの、二枚に重なったシート状のものの上の面だけをカットできる機械です。展示のキャプションや建物のサイン、看板などをつくるのに向いています。 カットしたいイメージを線のみで表現した、ベクターデータを元に加工をしていきます。 (工房利用対応しつつ、隙間時間でぼちぼち更新中!)
    4 Steps /
    0 Memos
    since 442 days ago
    0
  • レーザー光線をレンズで一点に収束させ、素材を切ったり彫刻したりできる機械です。 カットしたい線や彫刻したい線をベクターデータで、彫刻したい面をベクターデータもしくはラスターデータで用意し、それらのデータを元に加工ができます。 レーザー光線の「パワー」とヘッドの移動する「スピード」の二つのパラメーターで加工の状態を変化させる仕組みになっているため、「1.2mm彫りたい」のような彫る深さを指...
    6 Steps /
    0 Memos
    since 449 days ago
    0
  • 紫外線で硬化定着するインクを用いたプリンターです。 印刷機に通せないような、MDF板やアクリル板などの板状のものへの印刷ができます。高低差2mm以内の平面で反射率の低い素材に加工が可能です。使用するインクはCMYKの基本色の他、白く印刷ができるホワイトインクや、素材とインクの定着をよくするプライマーインク、ぷっくりと表面を盛り上がらせる加工ができるグロスインクがあります。 (工房利用...
    5 Steps /
    0 Memos
    since 442 days ago
    0
  • 3Dプリンタでモデルを出力するには、もととなる3Dデータが必要です。 3Dデータを用意する方法は、3DCADソフトや3DCGソフトを使って自分でモデリングする、3Dスキャナーを使ってスキャンしたデータを整えて使うなどがあり、用意した3Dデータをstl形式で書き出す必要があります。しかしstlデータファイルにはオブジェクトそのものの情報しかないため、これだけでは3Dプリンタは自分がどう動けば...
    5 Steps /
    0 Memos
    since 442 days ago
    0
  • 2軸マシンプロトタイピング教材の作り方です。 軸モジュールx2、補助用レールx1、高さ調整用部品x1を組み立てます。 組み立てて、2軸マシンを考えたら、Usagesに投稿してね。
    13 Steps /
    0 Memos
    since 560 days ago
    0
  • ガチャガチャです!左側は占いで、右は本体のガチャガチャです。 私は2019年の春から体操選手になることができました。体操の練習を毎日しながら少しの時間を集めて集めて作りあげました。小さな頃から大好きなガチャガチャ作りで、昨年はFabLab で3Dプリンターで中身を作って、今年はプログラミングで動くガチャガチャを作ることができて嬉しいです!
    5 Steps /
    0 Memos
    since 342 days ago
    0
  • 福岡の街を舞台にしたボードゲームをつくりました。ゲームのシナリオに福岡で取り組まれているSDGsの事例を盛り込んでいます。遊びながら福岡の地理や名産品、SDGsについて学ぶことができます。 ※10/24(木)トップ画像差し替え、14の動画を1つ削除しました。
    20 Steps /
    2 Memos
    since 314 days ago
    0
  • 防犯ブザーという、不審者などの犯罪から子どもたちを守る手段は存在しますが、事故やケガを未然に防ぐようなものが子どもたちの元にはないため、通学・下校の際に身近に付けられるような安全べル、"にこベル”を製作しました。ボックスの中にスマートフォンと人感センサーを設置し、小型のスピーカーとMESHを連動させ、子どもたちが危険な箇所を通った際に手元のスピーカーから音声が流れます。その音声は、保護者の方...
    8 Steps /
    0 Memos
    since 358 days ago
    0
  • 15 Steps /
    0 Memos
    since 429 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags