Searched Projects: 運動

  • Small
    パソコンの普及による運動不足を改善すべく開発された、エクササイズができるマウス、その名もエクサマウス!!!!大リーグボール養成ギブスマウスのようなマウス。ネットに依存している現代社会で、いかに人をパソコン離れさせるかがポイントであり、マウスを使う事が億劫になりより疲れるように改造しました。ラグビー部がプロテインを持ち歩くように、そのうちこのエクサマウスも持ち歩かれるようになるでしょう。 ル...
    3 Steps /
    0 Memos
    since 1498 days ago
  • Small 14876021 1194836013940442 846667378 o
    MF-2200における、フィラメント詰まりの解消方法を説明します ※主にFabrial-R(柔らかいフィラメント)向けです
    7 Steps /
    0 Memos
    since 709 days ago
  • Mqdefault
    杵と臼を使って餅つきするのは、肉体的に大変な上に道具が大きくて重たくて大変です。そんなときに使うのがこの『モチツキーノ』です。動画で使ったのは普通のお米のため、一般的なお餅ではなく、おはぎが出来上がりました。すり棒は取り外し可能なので洗って何回も使うことができます。すり棒の動き方は単純な上下運動ではなく、回りながら満遍なく餅をつけます。
    10 Steps /
    0 Memos
    since 1047 days ago
  • Mqdefault
    地面に衝突するエネルギーを緩衝システムに利用できないか。 単純なピストン形状で一端を卵が蓋する構造を考えた。
    22 Steps /
    0 Memos
    since 717 days ago
  • Small    2017 08 26 11 30 28
    【FAB 3D CONTEST 2017】 【カテゴリー5 3Dプリントエッグドロップパッケージ】 こちら、未来デパート商品開発室です。 空を自由に飛びたいな♪
    11 Steps /
    0 Memos
    since 424 days ago
  • Small 20171017 075804 2124x1195
    我が家は、早食いの大食いです。ひと月に30キロ以上の米を消費します。 私も何年もジムに通って定期的に運動しているのに中年太りがとまりません。 大食いなのは、早食いのせいです。 早食いを抑制するために、あえて食べにくい箸をつくりました。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 368 days ago
  • Mqdefault
    演奏しているギターに入ってくる信号を、コンピュータを通じて音程解析し、対応したキューブが回転したり、発光することで、ギターの演奏を視覚的に表現します。 このプロジェクトは、情報科学芸術大学院大学修士1年の飯島祥とアンセビンによる共同制作で、音楽にインタラクティブに反応するデバイスを制作することを通じて、音楽体験を豊かにすることを目的としています。
    7 Steps /
    0 Memos
    since 365 days ago
  • Small img 2620
    不随意運動のある脳性まひや,手指にふるえなどがある場合,押したいキーといっしょにその近くの他のキーを誤って押さないようにガードすると、キーボードが格段にスムースに使えることがあります。 キーボードは大きさや形が機種によって様ざま。オーダーメイドで制作に出すと、ときに2万円近くすることも。 今回は、「キーボードをスキャンする」→「穴をデザインする」→「100円のMDFをレーザーカッターで切...
    6 Steps /
    0 Memos
    since 256 days ago
  • Small img 2627
    3Dプリンターで、「6」のかたちのストローホルダーをつくってみました。 片手に麻痺があったり、協調運動障害があったりで両手が上手く使えないと、案外「コップ+ストロー」の組み合わせは使いにくいものです。コップの中でくるっと回って逃げちゃったり、上手くストローの先が口元にこないことがあります。そんな時に大活躍なのがこのストローホルダー。コップの縁に固定されて動きません。 今回は、フィラメント...
    3 Steps /
    0 Memos
    since 255 days ago
  • Small img 7434
    作業療法および知育玩具としてのブロックを、ただ組み立てるだけでなくブロック部とチェーン部を組み合わせて、”ブロックを作る”という要素を導入して発展させたものである。 これを用いてオブジェを作ることにより将来的には指先の巧緻運動の訓練や発想の柔軟性の向上が期待できると考えている。 なお、本プロジェクトは、九州工業大学柴田研究室およびスマートライフケア共創工房の協力を得たものである。
    9 Steps /
    0 Memos
    since 5 days ago
  • Mqdefault
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags
Fabble Sign up with GitHub account
GitHub アカウントで Fabble にサインアップする