Searched Projects: プロ

  • 皆さんは、自分の意見が相手にしっかり伝わらず、理解されなかったがためにトラブルに発展してしまったことはありませんか? 私たちは、そのようなトラブルが起きないような良いコミュニティを形成し、well-beingな未来を思い描いています。 その第一歩となるようなプロダクト「COCOROME」を制作しました。
    17 Steps /
    0 Memos
    since 40 days ago
    2
  • Ⅰ.はじめに  今回の課題に気づいてそのものを考えたときのこと Ⅱ .モデリング  どんなソフトを使ってどんな風にコードを書いたとか、 Ⅲ. 課題  1インタービューと両角が思っていたことから実際にあった課題    写真がほしいインタービューの様子  2そこから得たこと Ⅳ. 原因   1その課題はどこからきているものだったのかを考えていたもの両角   2でも実際の原因は...
    6 Steps /
    0 Memos
    since 39 days ago
    1
  • eyesonは湿度センサーと湿度受信機の二つのプロダクトと、空き家サポーターズというコミュニティで構成される。 湿度センサーは空き家に、湿度受信機は空き家サポーターの自宅に設置される。また、空き家を湿度から守るために空き家サポーターズというコミュニティーが必要不可欠だ。 まず、空き家になかなか手をかけられない持ち主が、空き家の情報を登録する。この時自分の趣味などの情報も紐づけることができ...
    8 Steps /
    0 Memos
    since 39 days ago
    1
  • 「大食いビジネスがあるのなら、少食ビジネスがあっても良いのでは?」というアイデアからサイズ調節が可能なお椀を目指し、制作を始めました。 サイズ調節ができて持ち運べるマイお椀である卓ONEは、少食の人が自分の食べたい量を残さず完食できるだけでなく、食品ロスを減らすことにも繋がるため、最終的に地球温暖化の防止にもなります。 食事を通してみんなが幸せになれますように! チーム丼マイ小食
    12 Steps /
    0 Memos
    since 28 days ago
    1
  • 近年、鎌倉では森林が放置されていて竹の整備がされていない状態が続いています。 その影響で竹が生態系を破壊してしまっているという問題があります。 しかし、この現状を知っている人が少ないため、私たちはこの竹害を解決したいと思いました。 竹害を解決する物には竹を使って生ゴミを分解するコンポストというものがあります。 ところが、これを実際に使用している人は少ない...。 そこで若者と竹害を...
    9 Steps /
    0 Memos
    since 39 days ago
    1
  • 鎌倉でのポイ捨て問題に対処するため、ごみ拾いをサポートするデバイス『トングるピック』を開発しました。このデバイスは、拾ったごみの場所を追跡できる機能を備えており、街の美しさと環境保全に貢献します。さらに、ごみ拾いを続ける人々のモチベーション向上にも役立っています。私たちは鎌倉の美しい街を保つ取り組みを支援し、皆さんのご協力をお願いしています。
    10 Steps /
    0 Memos
    since 32 days ago
    2
  • 人工大理石の高級感を何に活かせるだろう? 手触りと風格を追求した人工大理石「CORIAN®︎」 本来カウンター材として美しさを追求した素材を手に収まる小型のプロダクトに転用すると、見つけた綺麗な石のような「大事にしたい」と思わせる素材であることがわかった。 「大事にしたい」を誘う質感を活かしてユーザーの歯ブラシに対する価値観を変えられないか模索したプロジェクト。
    4 Steps /
    0 Memos
    since 40 days ago
    0
  • 8 Steps /
    0 Memos
    since 49 days ago
    0
  • ものづくりのプロセスでは、ものをつくる・完成させることを前提としながらも、その過程を記録し他者に伝えることも同じくらい重要です。これからものづくりをするにあたっては、このFabbleの使い方レシピを参考にして常に記録・発信することを意識していきましょう。 【このレシピの目標】 1.Fabbleの基本的な使い方が理解できる 2.Fabbleを使った発信に必要な情報の集め方がわかる
    8 Steps /
    0 Memos
    since 46 days ago
    0
  • ものづくりのプロセスでは、ものをつくる・完成させることを前提としながらも、その過程を記録し他者に伝えることも同じくらい重要です。これからものづくりをするにあたっては、このFabbleの使い方レシピを参考にして常に記録・発信することを意識していきましょう。 【このレシピの目標】 1.Fabbleの基本的な使い方が理解できる 2.Fabbleを使った発信に必要な情報の集め方がわかる
    8 Steps /
    0 Memos
    since 46 days ago
    0
  • This section explains how to use Fabble.
    8 Steps /
    0 Memos
    since 372 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags