Searched Projects: 環境

  • FAB NOW 2019
    6 Steps /
    0 Memos
    since 19 days ago
    0
  • 素材の特性をわかりやすく比較できるようなモデルを作成し、それを複数のフィラメントで出力し実際に比較してみる。 1.5種類以上のフィラメントを使う(それぞれの材料について利用例などのリサーチを行う) 2.造形物の後処理をする 3.比較した結果を表・グラフの形(定量評価)にわかりやすくまとめてくる
    8 Steps /
    0 Memos
    since 28 days ago
    0
  • オリジナルマインド社のCNCミリングマシンkitmill BT200の使い方です。 本マニュアルはファブラボ太宰府での使用環境に合わせて作成した使い方となります。
    6 Steps /
    2 Memos
    since 1439 days ago
    5
  • オリジナルマインド社製の基板加工専用のミリングマシン”KitMill CIP100”の操作方法を説明します。 本マニュアルはファブラボ太宰府での使用環境に合わせて作成した使い方となります。
    7 Steps /
    0 Memos
    since 1470 days ago
    0
  • トロテック社のレーザーカッターSpeedy300(80W)の使い方です。本マニュアルはファブラボ太宰府での使用環境に合わせて作成した使い方となります。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 1439 days ago
    0
  • 2018/12/9@鴨江アートセンター「プログラミングで冬のイルミネーションをつくる -KAMOE LAB-」での、ワークショップの流れを説明します。
    8 Steps /
    0 Memos
    since 244 days ago
    0
  • 昨年に開催したワークショップで制作したオーナメントの改良バージョンです。ビーズやカシメ玉を使わずに紙だけで製作できるようにしました。
    16 Steps /
    0 Memos
    since 529 days ago
    0
  • 植物としゃべってみたい... 植物が元気か知りたい... そんなことを思ったことはありませんか? "Cactify"はこれをIoTで実現! LINEのボットと話しかけることで、植物とおしゃべりを楽しんだり、植物が元気かどうかを確認することができます。
    9 Steps /
    0 Memos
    since 229 days ago
    0
  • Fab 3D Contest 2018:カテゴリー5:Formula Fish 「落下速度」、「落下精度」、「耐久性」の3項目を限界まで向上させました。 前大会の作品は、落下傘を取り付けることによる姿勢制御を重視しましたが、結果的に終端速度を大幅に下げることにつながってしまいました。そこで、今回は17mに耐えうるうえで落下速度と精度を重視したデザインを考えました。
    10 Steps /
    0 Memos
    since 219 days ago
    0
  • 玉手箱の様な、宝箱の様な外観の箱。 中を開くと、夏の星座が時計回りに回転して、プラネタリウムにいるかの様な世界観を味わえます。
    13 Steps /
    0 Memos
    since 383 days ago
    0
  •  ウェットティッシュで手を拭こうとした時,皆さんはこう思ったことはありませんか? 「手を綺麗にしたい,でも汚れた手でウェットティッシュの蓋に触りたくない……」 そんな身近な究極の選択に,第三の選択肢を与えてくれる頼もしい友人が「触れんど!ボックス」です.  3DプリンタとArduino,MESHを用いた簡素なシステムによって「手をかざしての蓋の開閉」「残量が少なくなった際にスマホへ通知...
    6 Steps /
    0 Memos
    since 224 days ago
    0
  • Fab 3D Contest 2018 に関するFabLab Shinagawa の取り組みです。
    11 Steps /
    0 Memos
    since 214 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags