Searched Projects: Fusion

  • 玉手箱の様な、宝箱の様な外観の箱。 中を開くと、夏の星座が時計回りに回転して、プラネタリウムにいるかの様な世界観を味わえます。
    13 Steps /
    0 Memos
    since 2208 days ago
    0
  • FAB 3D CONTEST 2018 カテゴリー5:3Dプリントエッグドロップパッケージ 応募作品 実戦大会の最高17mをクリアすることが目標。 また、この挑戦を通して3Dプリンターを使えるようになることも目標とする。
    6 Steps /
    1 Memos
    since 2050 days ago
    0
  •  ウェットティッシュで手を拭こうとした時,皆さんはこう思ったことはありませんか? 「手を綺麗にしたい,でも汚れた手でウェットティッシュの蓋に触りたくない……」 そんな身近な究極の選択に,第三の選択肢を与えてくれる頼もしい友人が「触れんど!ボックス」です.  3DプリンタとArduino,MESHを用いた簡素なシステムによって「手をかざしての蓋の開閉」「残量が少なくなった際にスマホへ通知...
    6 Steps /
    0 Memos
    since 2050 days ago
    0
  • ファブラボ北加賀屋の機材を利用するための自習用チュートリアルの前半部、名札用3Dデータ作成編です。 3Dプリンタおよびミリングマシンの使用法を習得したい方は、まずこのチュートリアルを参考に自分の名札のデータを作成してください。その後、後半部にあたる各マシンの使用チュートリアルへと進んでください。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 2046 days ago
    0
  • 蝉の鳴声は暑苦しい。しかし、透明で美しいクマゼミの翅は、なんとも涼しげである。そこで、見た目でも涼をとれる「蝉の翅型団扇」を製作した。
    9 Steps /
    0 Memos
    since 2412 days ago
    1
  • この金色の骸骨「ボーニー」は、こちらが頷くのに合わせて頷きます。 さらに、頭のLEDが光ります。 寂しいときにしゃべり相手になってもらうのも良し、 はたまた、一緒に音楽に合わせてヘドバンしても良し。 使い方次第で色々な可能性が広がります。
    5 Steps /
    1 Memos
    since 2045 days ago
    1
  • FAB 3D CONTEST 2018 直径20cm
    7 Steps /
    0 Memos
    since 2044 days ago
    0
  • FAB3D CONTEST 2018 : カテゴリー2(​暮らしの自由研究) ごちゃごちゃになりやすいUSBケーブルを吊しておくためのハンガー。 USBコネクタをそのまま利用した吊り下げ方式なので、どうせなら充電機能も持たせておいて、災害・非常時にはテーブルに置いて充電台としてそのまま使えるようにしてみたらどうだろうか、ということでの試作。 協力ファブ施設:FabLab SENDAI...
    9 Steps /
    0 Memos
    since 2046 days ago
    0
  • FAB3D CONTEST 2018 : カテゴリー2(​暮らしの自由研究) すでに生産終了・事業清算した古い3Dプリンタの再生・再利用を目指した検討・設計・製作プロジェクトの一部始終。 ※FAB3D CONTEST 2018 / Fabble については本プロジェクト開始後に知ったので写真や資料が後追いの作成になっています。 協力(要請)ファブ施設:FabLab SENDAI - ...
    12 Steps /
    0 Memos
    since 2046 days ago
    0
  • 家庭用の3Dプリンター(da Vinci miniなど)で、ちゃんと動くキャタピラ(無限軌道)を作りました。 ピース単位で、色や長さを自由に変えられるので、キャタピラ式ロボットの設計の自由度が高まります。
    9 Steps /
    0 Memos
    since 2116 days ago
    0
  • リウマチにより肩や肘の関節が曲がらなくなり、手が顔まで届かない方がひとりでマスクをかけるための自助具です。持ち運びができる折りたたみ式です。
    8 Steps /
    0 Memos
    since 2062 days ago
    0
  • water mechanicsという、鹿威しの仕組みを利用した、作品を作る。今回のテーマはFABulousなサウンドをクリエイトするといったものでありあくまで音を作るというテーマなので楽器というものにこだわらずに音を作ってみることにした。そこで今回は音を出す仕組みを、電子機械の頼らず別の仕組みで音を出したいと思った。また演奏が人の手を頼らず、自動で鳴る仕組みを目指した。そこで僕は、鹿威しとい...
    13 Steps /
    0 Memos
    since 2045 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags