Searched Projects: 3D

  • The Moon bin is the newest and most revolutionary way for humans living on the moon to keep their trash safe and to not let all of trash fly into space to make the dangerous space garbage. The Moon...
    4 Steps /
    0 Memos
    since 124 days ago
    0
  • With lots of new currencies being developed and new future cities becoming more and more international, we might need to start using a new international currency. We wanted to try making our own cu...
    4 Steps /
    0 Memos
    since 124 days ago
    0
  • 電動車いす利用者の『電源ボタンが指では押しづらく、日常の利用に支障があるという』声をうけて、電源ボタンにボタンカバーをつけて、手のひらで押せるようにしました。
    7 Steps /
    2 Memos
    since 426 days ago
    1
  • 電動車いすの中でも一番大事なコントローラー部分。 大事なパーツなのに壊れやすいし、ぴったりなカバーもなかなか見つからない……。 そんな電動車いすユーザーの方のお悩みを解決すべく、 自分仕様にカスタマイズしたコントローラーカバー作りました! ☆★ 今回私たちが作ったコントローラーカバー、その名も『全力で守る君!』 今注目されている最先端技術「3Dプリンター」を使用して作りました! ...
    5 Steps /
    0 Memos
    since 238 days ago
    0
  • マスカラを塗っていると、鼻やこめかみについてしまうことがある。どこについてしまったのか自分では分からないので友人に教えてもらうのが恥ずかしい。 なんとかマスカラを綺麗に塗れるような「かわいい」マスキングが欲しい。
    7 Steps /
    0 Memos
    since 161 days ago
    1
  • SAXduinoは、電子吹奏楽器として開発したSAX型のArduinoです。 Arduino IDEで開発可能な電子基板SAXduino Boardと、MDFと3DプリントによるSAX型の筐体からなります。 SAXduinoは電池とスピーカを搭載しており、スタンドアロンでの演奏が可能です。また、mi.1の基板を取り付けることで、BLE MIDIのコントローラとして利用することも可能です。...
    9 Steps /
    0 Memos
    since 315 days ago
    2
  • 【ゆるファブレシピ】 3DCAD(Fusion360)を使ってPETボトルキャップを改変する方法です。 自分のオリジナルのPETボトルキャップを作って、Usagesに投稿してね。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 1100 days ago
    0
  • Rhaspberry Pi Zero にOctoprint を導入して、3Dプリンターをスマホやパソコンでどこからでも操作できる方法を紹介します。
    14 Steps /
    0 Memos
    since 235 days ago
    0
  • 田中浩也研究会Fabnow#4「Super Fit Fabrication」 Senseで顔を3Dスキャンし、メッシュ数を5000まで落とす。 他人もしくは自分の身体の一部をスキャンし、その人に フィットする身体拡張ができるようなアタッチメントを製作 する。
    10 Steps /
    0 Memos
    since 287 days ago
    0
  • 夜、部活や仕事が終わった後一人で帰る道はさびしいものです。 人が多いところでは不安に思うことはありませんが、どうしても一人になる場面は出てきます。 どうすれば一人でも楽しく帰宅することができるか、僕たちはこの問題に取り組んでみました。
    7 Steps /
    1 Memos
    since 213 days ago
    0
  • サーバ側にG-CODEとGIFアニメーションを用意しておく。 クライアント側に3Dプリンタにつながった(安価な)PCを用意しておき、そのPCはサーバ側からG-CODEとGIFアニメーションをダウンロードして表示する。ユーザはクライアントPCのタッチパネルから好みのデータを選択すれば、自動的に3Dプリントが開始される。
    4 Steps /
    0 Memos
    since 181 days ago
    0
  • 2019年夏 理科課題 手作り電球の土台の3Dデータ
    2 Steps /
    0 Memos
    since 200 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags