Searched Projects: FAB 3D CONTEST

  • SONYのMESHを使い、誰でもすべらずに、話を大いに盛り上げられるツールを開発しましたよ!
    7 Steps /
    0 Memos
    since 303 days ago
    0
  • FAB 3D CONTEST 2018 直径20cm
    7 Steps /
    0 Memos
    since 273 days ago
    0
  • FAB3D CONTEST 2018 : カテゴリー2(​暮らしの自由研究) ごちゃごちゃになりやすいUSBケーブルを吊しておくためのハンガー。 USBコネクタをそのまま利用した吊り下げ方式なので、どうせなら充電機能も持たせておいて、災害・非常時にはテーブルに置いて充電台としてそのまま使えるようにしてみたらどうだろうか、ということでの試作。 協力ファブ施設:FabLab SENDAI...
    9 Steps /
    0 Memos
    since 275 days ago
    0
  • FAB3D CONTEST 2018 : カテゴリー2(​暮らしの自由研究) すでに生産終了・事業清算した古い3Dプリンタの再生・再利用を目指した検討・設計・製作プロジェクトの一部始終。 ※FAB3D CONTEST 2018 / Fabble については本プロジェクト開始後に知ったので写真や資料が後追いの作成になっています。 協力(要請)ファブ施設:FabLab SENDAI - ...
    12 Steps /
    0 Memos
    since 275 days ago
    0
  • リウマチにより肩や肘の関節が曲がらなくなり、手が顔まで届かない方がひとりでマスクをかけるための自助具です。持ち運びができる折りたたみ式です。
    8 Steps /
    0 Memos
    since 291 days ago
    0
  • water mechanicsという、鹿威しの仕組みを利用した、作品を作る。今回のテーマはFABulousなサウンドをクリエイトするといったものでありあくまで音を作るというテーマなので楽器というものにこだわらずに音を作ってみることにした。そこで今回は音を出す仕組みを、電子機械の頼らず別の仕組みで音を出したいと思った。また演奏が人の手を頼らず、自動で鳴る仕組みを目指した。そこで僕は、鹿威しとい...
    13 Steps /
    0 Memos
    since 274 days ago
    0
  • 家事ってとても重労働ですよね.... お掃除で掃除機をかける、お洗濯で洗濯機から洋服を取り出す、料理するために立ちっぱなし... 足腰にかかる負担は計り知れません。 このプロジェクトはそんなツラさを、3Dプリント素人が3Dプリントを使い負担を少しでも軽減するためのプロジェクトです!
    6 Steps /
    0 Memos
    since 282 days ago
    0
  • ファブ3Dコンテスト 2018 カテゴリー5:スパイダーエッグ改 去年に引き続き2度目の出場となる。 去年の目標は10mとしたが、自宅周辺では7mまでしか測定出来ずに不安を抱えたまま実戦大会の本番に臨んだのだが、なんと最大落下距離である17mまで残り、名誉ある特別賞をいただくことができた。 ただし、昨年、同じ17mを到達した優秀賞を獲得された譜久原氏の作品は見事なメカニズムであり、にわ...
    10 Steps /
    0 Memos
    since 275 days ago
    0
  • My smile projectは、疲れて自宅に帰ってきたときに、笑顔でほころぶものを作りたいなと思って作りました。それは、嫌なことがあってとか、落ち込んでとか、くたくたで、、という状態でもそのセンサーがばからしく、思わずクスって言っちゃうようなくだらないものを作りたいと思ったからです。 大人も子供も、昔からある笑い袋のような物が条件反射で、意図的に気持ちが楽になるようなリラックスをもたら...
    2 Steps /
    0 Memos
    since 276 days ago
    0
  • 福岡雙葉高校2年住吉紗英、1年清原楓子、藤本美由の3名で作成しました。 食事のときに笑顔を届ける、温かみあるおもちゃです。
    7 Steps /
    0 Memos
    since 329 days ago
    0
  • FAB OT:3Dプリンタなどのデジタル工作機械を使って、障害者自らあるいはその支援者が、くらしを便利で楽しくするための道具作りを楽しむことを支える作業療法士のプロジェクトです。今回は、そんなFAB OT PROJECTで生まれた3Dプリントした道具たちとその物語を紹介したいと思います。
    4 Steps /
    0 Memos
    since 279 days ago
    0
  • ファブ3Dコンテスト2018:カテゴリー2:Self-Help Spoon 手が不自由な人でも簡単に使えるスプーン。祖父が、脳梗塞の後遺症により利き手である左手が麻痺。少しは動くようになったものの、握力が低下し手が動かしづらくなった。病院の食事は主にスプーンを用いており、プラスチック製のスプーンにスポンジ状のものを巻き付けて柄を太くし持ちやすくしていたが、それでも食べ物をこぼすことが多かっ...
    7 Steps /
    0 Memos
    since 290 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags