Searched Projects: ファブ

  • 豊橋市のマスコットである「トヨッキー」を現実世界へ呼び出した。 MESHやオンラインサービスと連携し「笑顔を誘う」ものとなっている
    6 Steps /
    0 Memos
    since 1336 days ago
    0
  • MakerFaire Tokyo 2018でファブラボ鎌倉ブースから『握りん君』を出品しました。 『握りん君』は指が不自由な人向けに、弱い力で物を掴む簡易義手をイメージして作成しました。 この MakerFaire で多くの子供が興味を持って実際に物を掴んで遊んでくれました。 そのお陰で発見とも言うべき多くの貴重な情報を得ました。 『握りん君 Jr』はその発見を踏まえ、特に幼い子供...
    7 Steps /
    0 Memos
    since 1330 days ago
    0
  • 〇 日々の記録(部活動を行った日の日誌等)  2018年8月  ・本校インフォメーションデザイン部の活動の一環として、部員がFab3Dコンテストに参加することを決めた。その後、10月まで、3回/週、1時間/回程度で制作していった。  ・本校オープンスクールにて、試作品の展示、紹介を行った。  同年9月  ・ファブラボ山口にて、試作品のアドバイス・修正案をいただいた。また、施設内の機...
    0 Steps /
    0 Memos
    since 1318 days ago
    0
  • イライラするとき、爪で机をたたく行為が癖だという人は少なくないはず。でもあの行為、されてる側はあまりいい気はしない。 しかし!"taco toco"さえあれば、そんなお互いにイライラした、不快な気持ちを、たのしい、ワクワクする気持ちに変えることができる!! 3Dプリンターのみで作った太鼓から、革を変えることで様々な音が出てくる。あえて電気を使わず、自分の体を使って直接音が出せる楽器をつくった。
    10 Steps /
    0 Memos
    since 1321 days ago
    0
  • 近年テクノロジー分野での発展が著しく,今後社会に求められる人材はこれまでとは大きく異なっていきます.本校もこれからの変化の激しい社会に適応できるような人材の育成を図るべく,3Dプリンタを一つのツールと捉えて活用し,生徒の活躍の場を広げていきたいと考えています. ここでは,ファブ3Dコンテスト応募作品の制作を中心とした課外活動の取り組みをまとめています.ファブをテーマにした試みは,今年度が初...
    8 Steps /
    3 Memos
    since 1399 days ago
    0
  • 2018年6月にオープンしたばかりのファブラボ神戸β。今回はファブ3Dコンテスト2018に向けた取り組みとしては、以下です。 ・3Dプリンターをみんなでつくる会を開きそこで宣伝 ・Facebookで宣伝 ・ファブラボ神戸βのメンバーから2件提出
    3 Steps /
    0 Memos
    since 1318 days ago
    0
  • Fab 3D Contest 2018 応募作品 応募者:高増 翔 対象カテゴリー:カテゴリー2 (暮らしの自由研究) 協力ファブ施設:ファブラボ神戸 プリント協力:岡村 修一さん 全国のパパママはきっと一度は経験しているピューと問題を解決するファブを考えました。 小さな娘の大好物は紙パックの牛乳。ストローを刺してさあ飲もうとすると、つい手に力が入って、 ピュー! ...
    8 Steps /
    0 Memos
    since 1322 days ago
    0
  • リコーダーなんて吹けないー!音楽なんてもう捨てた! 楽器も演奏できない、音楽的センスゼロの僕でも簡単に演奏できちゃう楽器 ”CUBEs"をみなさんも演奏してみては! インテリアにも楽器にも、可愛くておしゃれで欲しくなる、そんな楽器こそがCUBEsです。 さぁ、楽しもう、CUBEsの演奏を!
    27 Steps /
    0 Memos
    since 1352 days ago
    0
  • どうやって遊ぶのか一目見ただけで理解でき、なおかつ簡単に作ることができる児童用のおもちゃをつくれないか、そう思いこの作品を作成しました。
    3 Steps /
    0 Memos
    since 1319 days ago
    0
  • 0 Steps /
    0 Memos
    since 1319 days ago
    0
  • FAB 3D CONTEST 2018 カテゴリー2 危険が分からず、シートベルトを外してしまう子の安全確保の為に。 バックルが気になって触りたくなってしまうので、 バックル部分をカバーすることによって存在感をなくす。 協力ファブ施設:FabLab鎌倉
    5 Steps /
    0 Memos
    since 1343 days ago
    0
  • 0 Steps /
    0 Memos
    since 1322 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags