Searched Projects: 3D

  • 4 Steps /
    0 Memos
    since 1052 days ago
    0
  • 今週3Dプリンターで出力したので使用感を試したいと思います。
    1 Steps /
    0 Memos
    since 1043 days ago
    0
  • 4 Steps /
    0 Memos
    since 1052 days ago
    0
  • 2018年3月17日(土) つくりかたの未来講座@磯城野高校  「アイデア出しのワークシートを用いて、アイデアから簡単な試作(プロトタイプ)を作る」 生徒は5~6人で1グループに分かれる。同じ高校同士にならないようにする。今日初めて会った者同士でコミュニケーションを取り、1つのものを作り上げていく。 授業レシピはこちらから http://fabble.cc/fabsteps...
    10 Steps /
    5 Memos
    since 1152 days ago
    0
  • ミリングマシーンを使ったリアル顔団子三兄弟フィギュア。 初めての製作におすすめ。
    8 Steps /
    0 Memos
    since 1770 days ago
    0
  • 緩衝性に優れ土に還るエコ素材、パルプモールド。その2つの側面からひとつのストーリーを持ったプロダクト制作に挑んだ。 ”ギフトとしての種を包むパッケージ(緩衝性)+ 土に還るエコカプセル(生分解性)= パルプモールドの新しい可能性” time capsule seedは、もらうときはパッケージに、もらったあとはそのまま土に植えて育てることで、カプセルが地中で自然分解し、カプセル内に...
    9 Steps /
    1 Memos
    since 2284 days ago
    0
  • 看護学生の看護技術の学習は生徒同士での練習が主流である。特に聴診器を用いた心音・呼吸音の聴診練習は肋骨の位置を指標とするため接触が多く、また露出も大きいためプライバシーへの配慮が必要になる。また、練習相手を探さなければならなかったり、皮膚の下の目に見えない人体構造の理解が正しいのか確認しづらい。こうした問題から聴診の練習時間が多く取れない現状がある。 そこで、肋骨と臓器の立体的な位置関係が...
    5 Steps /
    0 Memos
    since 1655 days ago
    0
  • みなさん、歯磨きのときに自分の磨きにくい部分を意識できていますか?人それぞれ歯並びは違います。そして人それぞれ歯垢が残りやすい部分も違うのです。自分の口腔内が忠実に再現された模型をもつことで、自分だけの歯垢が残りやすい部分を視覚的に捉えることができます。オリジナルのぱかぱか歯磨きモデルをつくって、効果的かつ効率的なブラッシング技術を手にいれちゃいませんか?
    5 Steps /
    0 Memos
    since 1798 days ago
    0
  • 血液などの検体を入れたスピッツを冷やしつつ、安全に運搬する箱型プロダクトです。 現状では輪ゴムで検体をまとめ、ケーキなどについてくる保冷剤をジップロック容器に入れて活用しています。コンパクトで安全に搬送できるような、検体スピッツ冷却器を作成しました。 (病院での動脈血採血時に検査室への距離がある場合や、訪問診療や中小病院から大病院への検査依頼などの場合に活用されることを想定しています)
    5 Steps /
    0 Memos
    since 1661 days ago
    0
  • CT、MRIによって撮影された医用画像のデータから、臓器の3Dモデルを作成する方法です。 DICOMという医用画像のフォーマットからstlまでの変換の解説です。
    5 Steps /
    0 Memos
    since 2013 days ago
    4
  • 慶應義塾大学SFC デザイン言語実践 マイ3Dプリンターであそぼう。 【説明】 どんなときでも歯磨きできます。いつでも、どこでも。だれとでも。 【メンバー】 ・シンゾウマコト ・ノハラケイスケ ・イノオフウカ ・アベカオルコ OCPC Delta Kit ver.1.5 の組み立て方です。 OCPCはOne CNC Per C...
    10 Steps /
    0 Memos
    since 1986 days ago
    0
  • ー説明 鼻をかみながら、歯をみがきたくなったことはありませんか? そんなノハラケイスケくんの実際の夢を叶えるために、このプロダクトをつくりました。 UI(User Interface)より、UM(User Motivation)を意識し、便利すぎず、利用者のやる気や積極性に誠実なプロダクトづくりをめざしました。ユーザーのやる気次第では、しっかり奥まで...
    10 Steps /
    0 Memos
    since 1986 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags