Searched Projects: 3D

  • 佐藤さんのお困りごと相談の部屋 勤め人でありALSの佐藤さん。PCとタブレットとスマホを駆使したデスクワーク環境を少しでも快適なものにするため、どのようなツールが創り出されるのか。当初のニーズに2点あげておられましたが、どれが欠けてもいけないと考え、PCとタブレットとスマホをつなぐスイッチコントロールとスマホグリップとスマホポケットを佐藤さん仕様にデザインしました。そこには先を見越した提案...
    8 Steps /
    5 Memos
    since 47 days ago
    0
  • 在宅療養での医療ケアの手技に、誰一人プレッシャーを感じさせない為の治具の試作
    8 Steps /
    0 Memos
    since 74 days ago
    0
  • 浜松医大チームです。 浜松ささえあいハッカソンテンプレート
    5 Steps /
    0 Memos
    since 84 days ago
    0
  • 今年は新型コロナウイルスの影響により、日頃の感染予防が欠かせなくなりました。withコロナ社会と言われるように、毎日のコロナの話が話題になるほど日々の生活に浸透していきました。そこで私はウイルス感染予防に役立つアイテムを作ろうと思いました。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 164 days ago
    0
  • 2020年、世界はコロナ禍にある。私は、3月からの閉校期間中にフェイスシールドの公開モデルDoyo-fastを使用し3Dプリンターでフェイスシールドを制作し、病院や学校に無償で提供する活動を行いました。この活動を通して、社会で必要とされている”もの”の誰もが使える3Dデータの重要性を学びました。緊急事態宣言が解除された今、コロナ対策のグッズのニーズが変化してきています。学校では、対面の授業や...
    11 Steps /
    0 Memos
    since 188 days ago
    0
  • 高齢化社会が進んでいる今、高齢者は日常生活の中で何に困っているのかを考えた。 僕たちの身近にあり、日常生活に欠かせないものとなっているペットボトルのキャップが開けにくいということに着目した。高齢者は、加齢とともに体力や筋力が低下し、力を必要とする作業が困難になる。 そこで僕は、『人間工学』に基づいて、体の大きな筋肉を使って楽にキャップを開けることができるペットボトルオープナーを3Dプリン...
    7 Steps /
    0 Memos
    since 164 days ago
    0
  • 7 Steps /
    0 Memos
    since 196 days ago
    0
  • 7 Steps /
    0 Memos
    since 153 days ago
    0
  • 災害現場などで出血を伴う大きな怪我をした場合、一刻も早く止血をおこなうのが人命救助の基本です。 しかし、大量出血の場合、人の力だけで十分な止血を施すことはできません。そのため、布や棒などを用いて止血をおこなうのですが、素人では棒がうまく固定できず止血完了までに多くの時間を要することになってしまいます。 今回、看護学科を設置する鳳凰高校の高校生・教員と南さつま市の消防本部に勤める救急救命士...
    9 Steps /
    3 Memos
    since 494 days ago
    1
  • 7 Steps /
    0 Memos
    since 357 days ago
    0
  • 7 Steps /
    0 Memos
    since 357 days ago
    0
  • いろいろなセンサーの機能やちがいを分かりやすく知ることができるサンプルを作りたいと ずっと前から思っていたものをとうとうこのタイミングで着手。
    9 Steps /
    0 Memos
    since 382 days ago
    1
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags