Searched Projects:

  • 【創造構木】里山に人の居場所を利用者が自らで創造し、自らで構木する。  里山における理想の居場所とは里山の形状や利用者の意図によって異なり、明確なかたちを持たない。 また、自然になくて人にあるものは、想像し、考えたものを実際に創り出す(構木)ということである。 CNCで切り出した部材から、8角形の最小単位、ユニットを作り利用する人が自由に組み替える。 組み替えることの自由度の高さ...
    1 Steps /
    0 Memos
    since 0 days ago
    0
  • このデザインは、森の露と水滴を集めるインスタレーションです。 里山の渓谷で、荒れた岩の河床に設置されると設定する。CNC木材加工によって、湿気が集中しやすい湾曲した塔型の空間を作り、その上に薄い透明な円錐のプラスチッククロスを引っ掛ける。 朝の霧を捕まえる、水に凝縮し、岩の間に水滴が徐々に水たまりになる。時間帯や季節によって、この空間は毎日の森の湿度を記録する機械、そして観光客や地元の人...
    1 Steps /
    0 Memos
    since 0 days ago
    0
  •  自然と人間の共存は難しい。自然が増えれば人間は減り、人が増えれば自然は減る。そのような森の中に人の居場所をつくるには、いかに自然を尊重しながら人の居場所をとけこませていくかが重要である。今回、ストロー工法によって造られた部材 ”ストロー” を用いて、自然の中に人々の生活を組み込み、自然と人のなわばりが交わるような空間を提案している。#ffdc2021
    1 Steps /
    0 Memos
    since 2 days ago
    0
  • 0 Steps /
    0 Memos
    since 2 days ago
    0
  • 秋の色を貯め、飛び込もう! 人の意志を介さない有機的な森。円の持つ幾何学の力強さは、既知の「安心感」を与えるだろう。 各部材を子供でも運べる大きさ、作ることのできるディテールにすることで、森の中での建築の威圧的な存在を消す。 そこでは日常では得られない、虫の目線、小動物の目線を獲得するだろう。 多様な森の魅力を「発見」しやすくなる観測所の様な居場所「落ち葉のモクヨク」を提案する。
    1 Steps /
    0 Memos
    since 4 days ago
    0
  • 人の居場所とは、家やパーティションなど周辺から隔たっている空間と考え、曖昧な境界線を引くことで森に拠り所を作り出す。 フレームを徐々にずらすことで異なる2つのファサードが生まれる。内部ではずれによる見え隠れする空間ができ、他者と自然な距離感で自らの居場所を探すことができる、見かけ以上の奥行きをもった空間の提案である。 #ffdc2021
    1 Steps /
    0 Memos
    since 1 days ago
    0
  • 里山空間デザインコンペ - 森に、居場所をつくる 「森の居場所」に人が求める価値からはじめて考えました。ネット上の関係が当たり前になり、人との交流に重点が置かれていく社会の中、情報に溢れて息苦しくなることも多くなっているでしょう。そんな社会から一歩身を引き、落ち着いた時間を守ってくれる空間を作り出す作品です。 #ffdc2021
    1 Steps /
    0 Memos
    since 1 days ago
    0
  • 小さな茶屋でお茶を飲むながら森の独特の自然音楽を聞きます。 茶室の一面は小さな開口部かあり、反対側に大きな開口部で設計されています。この形は音を集中と増幅するの役を立ちます。場所と方向によって、さまざまな森の音を見つけることができます。ユーザーの好みや気分に応じて、開口部の方向を調整して、茶屋の新しい音環境を作り出すことができます。
    1 Steps /
    0 Memos
    since 1 days ago
    0
  • チョウを守るために茅場(カヤバ)を手入れする。そうして発生した茅は、ここでのイノシシ捕獲に用いられる。卵と蛹(サナギ)をモチーフとしたこの建築は、年に1回ヒトの心を整理して「羽化」させた後に、野生動物たちの住処となる。 姿かたちを変えながら。 植物も動物も建築も、 生きとし生けるものすべて、一つの輪廻へと。 #ffdc2021
    1 Steps /
    0 Memos
    since 2 days ago
    0
  • 茶室は壁と天井で無限の宇宙をつくる、森はそれ自体が無限の宇宙なので森での茶室は壁と天井が不要になり残ったのはフレームでかたちづくられた結界だけになりました。「結界」という最低限の領域をつくることで人間は森(無限の宇宙)の中で生態系の一員として過ごせると考えました。
    1 Steps /
    0 Memos
    since 2 days ago
    0
  • FUJIMOCKFES(フジモックフェス)2019:参加作品 使用素材:ヒノキ 制作場所:栗山町ものづくりDIY工房(→2021/4/1〜ファブラボ栗山β開始予定)
    9 Steps /
    0 Memos
    since 175 days ago
    0
  • 0 Steps /
    0 Memos
    since 2 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags