Searched Projects: AR

  • プラスチックは、昔ビリヤードの球が象牙で作られていた頃に動物保護(環境を守る)の観点から象牙に代わる新しい材料として生まれました。今回のこの生分解性プラスチックによるものづくりも、そういった私たちの生活においてプラスチックが共存できる新しい形(製品)を生み出したいと考え『生ごみプレス』を製作し、『コーヒーかす消臭ポット』や『ベッドサイドライト』など他の用途も考え出しました。また、ゴミの量を減...
    20 Steps /
    0 Memos
    since 260 days ago
    1
  • 9月のある日、フリースクールLargoに3Dプリンターがやってきました。 ファブラボ鎌倉がLargoの子どもたちのために貸し出してくれたのです! 間近で3Dプリンターを見るのはこれが初めてという子も。 体験したことがある子も興味津々。 さあ、ここLargoからはどんなものが生まれてくるのでしょうか!?
    10 Steps /
    0 Memos
    since 250 days ago
    0
  • 食器用洗剤や洗濯洗剤は日々、たくさんの人に使われています。洗濯洗剤は洗濯物の量に合わせて、カップで量を測り、使っています。しかし、食器用洗剤はどうでしょうか?量を測らずに使っている人が多いと思いますが、これは実は重大な問題なのです。洗剤を捨てる時には大量の水を要します。そこで、私はこのSoap Regulatorを作りました。 Soap Regulatorを使えばSDGsの目標12にもある...
    17 Steps /
    0 Memos
    since 270 days ago
    0
  • ウィズコロナの現代。公共交通機関のつり革や手すり、エレベーターのボタンなどに触れたくないと思う人も増えたのではないでしょうか。 そんな時に活躍する接触を防ぐことができる製品、さらにウイルス対策に欠かせない消毒液が一体化しているものを作りました。
    12 Steps /
    0 Memos
    since 289 days ago
    1
  • 私は「循環型社会を促進するこれからの暮らし方」というテーマに基づいてパーツシェアの仕組みを考案しました。消耗品と備品に対する対応の違いやシステムに着目してご覧ください。
    5 Steps /
    0 Memos
    since 246 days ago
    0
  • コロナ禍によってオンライン授業が増え、学校に登校する日が減った。 部屋で過ごす時間が長くなると、部屋の快適さについて考えるようになる。 うす暗い部屋を照明を極力使わずに、太陽光を利用して部屋を明るく出来ないだろうか。 (#fabcon2021s)
    14 Steps /
    0 Memos
    since 280 days ago
    1
  • ニードノウア:  武川里香 メンバー:  リーダー:三瓶政行(作業療法士)  光田雅人(作業療法士)  鈴木ゆかり  小池祐士(作業療法士) サポーター:  濱中直樹
    15 Steps /
    0 Memos
    since 284 days ago
    4
  • ニードノウア  三宅 まり(食品メーカー勤務) メンバー  リーダー:高木 圭(システムエンジニア)  一宮 剛(車椅子テニスプレイヤー)  奥野 雅大(義肢装具士)  竹厚 佳子(住宅メーカー勤務) 運営サポーター  多田 恵子 サポーター  木村 朋道
    11 Steps /
    0 Memos
    since 284 days ago
    2
  • ニードノウア:  中山一二三 メンバー:  リーダー:岡崎優子  中山知子  阿部邦彦   サポーター:  林園子
    12 Steps /
    0 Memos
    since 283 days ago
    0
  • 安全な居場所を作ることと、心地よい経験を同時に生み出すことができるセパレーションを作れないか考えた。ムカデやヘビや漆といったさまざまな生き物が共存する”森の地表”は、人間にとって実はとても危険であるという気づきから、森の中に水平に浮かぶことができるセパレーションが必要だと考えた。起伏のある森の地形に対応するため、スクリュー杭を基礎とし、その上にNC加工した木材を組み、大きなハンモックのような...
    1 Steps /
    0 Memos
    since 268 days ago
    0
  • 森の中に三角の空白を作ります。それは森の中にある森ではない場所。三角の大きなベンチとその上に架けられた三角タープでできています。三角は面を作るための最小限の形で、森の隙間に配置することができます。三角が360度広がる森の景色を三つに分け、森の違った眺めを誘います。空白は、森と少しの距離をとり、森と対峙できる場所。森を出て空白に入れば、森をいっそう感じることができると考えました。
    3 Steps /
    0 Memos
    since 268 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags