Searched Projects: Contest

  • ファブ3Dコンテスト 2018 カテゴリー5:スパイダーエッグ改 去年に引き続き2度目の出場となる。 去年の目標は10mとしたが、自宅周辺では7mまでしか測定出来ずに不安を抱えたまま実戦大会の本番に臨んだのだが、なんと最大落下距離である17mまで残り、名誉ある特別賞をいただくことができた。 ただし、昨年、同じ17mを到達した優秀賞を獲得された譜久原氏の作品は見事なメカニズムであり、にわ...
    10 Steps /
    0 Memos
    since 587 days ago
    0
  • My smile projectは、疲れて自宅に帰ってきたときに、笑顔でほころぶものを作りたいなと思って作りました。それは、嫌なことがあってとか、落ち込んでとか、くたくたで、、という状態でもそのセンサーがばからしく、思わずクスって言っちゃうようなくだらないものを作りたいと思ったからです。 大人も子供も、昔からある笑い袋のような物が条件反射で、意図的に気持ちが楽になるようなリラックスをもたら...
    2 Steps /
    0 Memos
    since 588 days ago
    0
  • 福岡雙葉高校2年住吉紗英、1年清原楓子、藤本美由の3名で作成しました。 食事のときに笑顔を届ける、温かみあるおもちゃです。
    7 Steps /
    0 Memos
    since 642 days ago
    0
  • FAB OT:3Dプリンタなどのデジタル工作機械を使って、障害者自らあるいはその支援者が、くらしを便利で楽しくするための道具作りを楽しむことを支える作業療法士のプロジェクトです。今回は、そんなFAB OT PROJECTで生まれた3Dプリントした道具たちとその物語を紹介したいと思います。
    4 Steps /
    0 Memos
    since 592 days ago
    0
  • ファブ3Dコンテスト2018:カテゴリー2:Self-Help Spoon 手が不自由な人でも簡単に使えるスプーン。祖父が、脳梗塞の後遺症により利き手である左手が麻痺。少しは動くようになったものの、握力が低下し手が動かしづらくなった。病院の食事は主にスプーンを用いており、プラスチック製のスプーンにスポンジ状のものを巻き付けて柄を太くし持ちやすくしていたが、それでも食べ物をこぼすことが多かっ...
    7 Steps /
    0 Memos
    since 603 days ago
    0
  • サイズのオーダーメイドができる、ちょっとした棚
    7 Steps /
    0 Memos
    since 586 days ago
    0
  • FAB 3D CONTEST 2018 CATEGORY3「SoundFABulous!」 「未来の楽器」作成の反省を生かして、今年は電子回路を用いず3Dプリントのみでリコーダのカスタムパーツ作成でリコーダーとトロンボーン合わせた楽器( "Re"corder + Trom"Bone")リボーンの作成に挑戦してみました。  コンセプトとして、誰もが一度は吹いたことのあるリコーダー、指使...
    8 Steps /
    0 Memos
    since 623 days ago
    0
  • FAB3D CONTEST 2018 : カテゴリー2 発達障害の感覚過敏や様々な理由で、シートベルトを嫌がる子の為に。 はめたらmicroSDカードに入っているその子の好きな音楽が流れる装置を作りました。 障害の有無に関わらず、子ども一人ひとりに合わせてカスタマイズできる余白がある支援グッズ。 大人も子供もストレスを少なく、安全を確保することが出来るように。 誰かの苦手や困り...
    14 Steps /
    1 Memos
    since 610 days ago
    0
  • 入れるものはスマホ、守るものは朝の時間。 「ぜったいに早起きできるアイテム」つくってみました。
    8 Steps /
    1 Memos
    since 595 days ago
    0
  • FAB3D CONTEST 2018 : カテゴリー4 クリスタルボールには不思議な魅力があります。 空中ディスプレイを使い、宙に浮いているクリスタルボールと螺旋コイルの不思議なコラボレーションを見て心を癒してもらえたら嬉しいです。 協力ファブ施設:グッデイファブ大名
    3 Steps /
    0 Memos
    since 587 days ago
    0
  • 料理のシーンにおいて、役立つものとしてこの作品を作成しました。この作品を作る背景として、ボウルからざるに水を切る工程で食材が落ちてしまうの防ぐために、ボウルとざるの機能を持つモノがあれば良いと思いこの作品を作成しました。
    9 Steps /
    0 Memos
    since 586 days ago
    0
  • 人とのコミュニケーションで大事なのは、大切な人が、どんな事を感じて、何も想い 伝えたいと考えているのか? それは障がいが有る無しに関わらず、みんなが知りたい想いだと思います。  一つの動きが気持ちを伝えるサインになって、そのサインを感じるアンテナを持てれば、もっと楽しいことが増えるはず! ある御家族からの提案で物語は始まります。 第1章 訪問看護ステーションからのリハビリテーションのサ...
    8 Steps /
    0 Memos
    since 603 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags