Searched Projects: sho

  • Happy FAN2!(Fab Lab Asia Network) I held a workshop for electric production. I'll show you how to make a FAN2 badge formed Taiwan island.
    9 Steps /
    0 Memos
    since 2226 days ago
    2
  • 木材などを加工した際に、オイル塗料を使って仕上げることを「オイルフィニッシュ」といいます。 オイルフィニッシュは、塗布してもほとんど塗膜をつくらず、木の組織に浸透してゆく塗装方法です。なので、木目を美しく見せるのはもちろん、素材としての木そのものに近い状態を保つことが可能です。(もちろん、メンテナンスは必要です) 今回は、市販されているオイル塗料ではなく、100%自然原料の木の実をつかっ...
    7 Steps /
    2 Memos
    since 2127 days ago
    0
  • FabLab国際会議、FAB11で行われたMicroFluidics(マイクロ流体)のワークショップをまとめました。MicroFluidicsは工学、生物学、遺伝子の研究などで用いられるマイクロ流体(水や油など)を制御するための技術です。この技術はインクジェットプリンタのヘッド、DNAチップなどに使われています。このような研究で利用されている技術を、安く手に入りやすい備品を使って実施するノウ...
    7 Steps /
    12 Memos
    since 2185 days ago
    2
  • FabWalker is a stand-alone robot which consists of natural branches and plants. Users collect and attach branches and plants to complete a one of a kind walking botanical robot. The manner of how...
    7 Steps /
    0 Memos
    since 2252 days ago
    1
  • How to make an airplain from a piece of paper.
    15 Steps /
    0 Memos
    since 2104 days ago
    0
  • プラカップとArduinoで作るロボット「ファブボット かんなちゃん」です。 東京都市大学の小池研究室のロボット「<a href="http://www.mugbot.com/" target="_blank">Mugbot</a>」を、<a href="http://fablab-kannai.org/" target="_blank">ファブラボ関内</a>で小型キット化しました。 ...
    3 Steps /
    0 Memos
    since 2101 days ago
    2
  • 水の波紋を大型CNC(shopbot)でそのまま彫刻し、木材で柔らかな表現を試みました。波紋の大きさ、振幅、波長などをのせたいものによって調整することもできます。
    4 Steps /
    1 Memos
    since 1957 days ago
    1
  • shop botの使い方を記録してゆきます。
    11 Steps /
    0 Memos
    since 2132 days ago
    0
  • 3Dデータのワイヤフレームのモジュールを作ることが出来ます
    8 Steps /
    1 Memos
    since 2374 days ago
    2
  • at FAN2 2015 in the workshop on fab lab sharing and learning system
    0 Steps /
    1 Memos
    since 2259 days ago
    0
  • ファブ3Dコンテスト2016 CATEGORY4出品のための造形 卵ケースを3Dプリンターのみで作成するとの事。 落下時の衝撃が卵に伝わる前にケース自体が段階的に破損することにより衝撃を吸収することで卵の破損を免れるのが狙い。 その衝撃吸収の構造を3Dプリンターで作成したところがデザインポイント。
    9 Steps /
    0 Memos
    since 1735 days ago
    2
  • 演奏者自らの手でつくられていた民族楽器。それが、工業化による大量生産で、お金を出せば誰でも手に入れることができるようになった。その側面で、つくり方はブラックボックス化し、つくり手と演奏者は分離してしまった。以前にあったメイクの文化を再考し、現代のツールでリデザインする。民族打楽器、アサラトからパチカの系譜の延長線上に、3Dプリンタという新しいツールを使ってつくることのできる新しい楽器を提案す...
    9 Steps /
    0 Memos
    since 2065 days ago
    5
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags