Searched Projects: CAD

  • 東北地方にはさまざまな伝統こけしがあり、地域によって特徴があります。ここでは宮城県を代表する4系統のこけしである鳴子系、作並系、遠刈田系、弥治郎系について、モデリングをして、3Dプリンタで出力しました。実際のこけしはみずきなどの木材を旋盤などの工作機械で製作されています。3Dプリンタでこけしを出力してこけしを身近に感じていただき、本物のこけしにも興味をもっていただけると嬉しいです。
    7 Steps /
    0 Memos
    since 972 days ago
    0
  • 【FAB 3D CONTEST 2017】 【カテゴリー5 3Dプリントエッグドロップパッケージ】 こちら、未来デパート商品開発室です。 空を自由に飛びたいな♪
    11 Steps /
    0 Memos
    since 1051 days ago
    3
  • こちらはファブラボ関内のMDX-15機材講習会の資料です。 ラズパイにFabmodulesを入れ、MDX-15に直接出力して基盤切削をする方法です。 Fabmodules が対応するものなら、MDX-15以外にも使えるはずです。
    8 Steps /
    0 Memos
    since 998 days ago
    0
  • こちらはファブラボ関内のMDX-15機材講習会の資料です。
    3 Steps /
    0 Memos
    since 990 days ago
    0
  • ファブ3Dコンテスト2017「エンターテイメント部門」:愛愛傘 with 仏 この「愛愛傘with仏」は恋に悩んでいるすべての人々の恋愛成就の確率UPのために作りました。 日本特有の恋愛成就おまじないによくある、相合傘(愛愛傘)が悟りを開いている(心の迷いが一切ない)仏から生えているというものです。その仏の隣に片方は想っている人の名前、もう片方には自分の名前を書いた紙を置き、そして「愛愛...
    7 Steps /
    0 Memos
    since 993 days ago
    2
  • 正多面体5種類を使って、イヤリング(ブローチ又は簪飾り)を作ってみました。 今回は材質はPLAで元型としました。 今後用途に応じて、材質やサイズを替えて、妻や孫(やお友達)にプレゼントしたいと思っています。 今回工夫したポイントは、できるだけ簡単な3D-CADの操作で正多面体を作り上げることです (さらなる簡便化を追求していきたいと思っています)
    7 Steps /
    0 Memos
    since 995 days ago
    2
  • 【FAB3Dコンテスト2017 カテゴリー4】 セッケンを使うとき、手をこすり合わせます。 だんだん、ほとけさまを拝んでいる姿に見えてきませんか? というわけで、ほとけさまのセッケンを作りましょう。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 1008 days ago
    1
  • 僕のおじいさんは古い道具が大好きです。 僕に古い道具を見せながら道具の説明をたくさんしてくれて、僕は「古い道具はかっこいいな」「すごいな」と思いました。そして今年の夏休みに おじいさんの道具や僕の家の身近な物にかかれている「和柄」について調べました。 柄の名前や模様に込められた意味をしらべていくうちに、この和柄を3Dデータにしようと思いました。
    15 Steps /
    0 Memos
    since 1019 days ago
    0
  • FAB3Dコンテスト2017、カテゴリ5のエッグドロップパッケージをデザイン。 タンブラーのようにすっきりとした見た目の、筒状のパッケージ。真っ直ぐに落ちて倒れずに真っ直ぐに直立し、中の卵を守るのが特徴。卵を入れてクリップを1箇所固定するだけと、固定方法を簡単にした。
    7 Steps /
    0 Memos
    since 991 days ago
    2
  • ファブ3Dコンテスト2017: カテゴリー4: スプーン曲げマジック ユニチカの感温フィラメントの使い道を考えているときに思いついたアイデアです。 テーマが、エンターテイメントで笑えるものということで、はじめからスプーンは金属ではなく樹脂製ですが、叩いてみると硬く、曲げようとすれば折れてしまいそうです。しかし、しばらく指で擦っていると柄の部分が柔らかくなり始め、ついにはクニャっと曲がって...
    2 Steps /
    0 Memos
    since 991 days ago
    2
  • ターンテーブル。この機械は楽器ではない。しかし今回、この機械のデザインをコンテストのデザインに使えないかと思い考えた。そしてこの機械と近未来的なデザインを融合し電子音を奏でる新しい楽器として生まれ変わらせるためのプロジェクトを始めた。 TECH PARKの先生の方々に教えてもらいつつ完成させた。
    10 Steps /
    0 Memos
    since 1005 days ago
    0
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags