Searched Projects: ベル

  • ファブ3Dコンテスト2017:カテゴリー2 痒いところに手がとどかない 母親がアトピー性皮膚炎のため、寝ているときに瞼や首などを掻いてしまう。 掻くことによってさらに皮膚の炎症を引き起こしてしまい、結果として炎症は収まらず、回復するまでに多くの時間を要していた。 こうした悪循環を防ぐために“装着”と“掻きむしり”の問題点を解消する、筒状型の腕コルセットのデザインを考えた。
    4 Steps /
    0 Memos
    since 1867 days ago
    0
  • 小さい頃から猫背が悩みだった。そこで今回3Dプリンターを使って猫背矯正器具を作ることに挑戦した。私が考えた猫背矯正器具は背中に器具を装着し、姿勢が悪くなるとその器具についているトゲが背中に刺さり痛みを感じて姿勢をなおさざるをえないというものだ。また、猫背矯正器具ということで猫型にした。
    6 Steps /
    0 Memos
    since 1874 days ago
    0
  • 12 Steps /
    0 Memos
    since 2049 days ago
    0
  • ”UpCycling” for digital fabrication class @sfc 3Dプリンタで古びたものに 新たな命を吹き込もう
    8 Steps /
    0 Memos
    since 2049 days ago
    2
  • 2017年度「デジタルファブリケーション」の授業課題の制作過程です。 石川瞳。s15059hi 弟のダンベルを分解し、それぞれのパーツをモデリングして行きます。 今のところ、Rinocerosでモデリングが終了しました。
    7 Steps /
    4 Memos
    since 2039 days ago
    0
  • 0 Steps /
    0 Memos
    since 2217 days ago
    0
  • 3Dプリンターでビューグルという楽器を制作しました。この楽器は主に軍隊などが使っているラッパで、信号ラッパとも呼ばれます。作成手順としては、それぞれのデータを作り9つのパーツを印刷し組み合わせて作成しました。本来であればトランペットがほしかったのですが、お金の関係とピストン部分の作成が大変であるために、その似た楽器であるビューグルを作ることにしました。今回ビューグルを作成するにあたって、それ...
    0 Steps /
    0 Memos
    since 2217 days ago
    0
  • 3Dプリンターでビューグルという楽器を制作しました。この楽器は主に軍隊などが使っているラッパで、信号ラッパとも呼ばれます。作成手順としては、それぞれのデータを作り9つのパーツを印刷し組み合わせて作成しました。本来であればトランペットがほしかったのですが、お金の関係とピストン部分の作成が大変であるために、その似た楽器であるビューグルを作ることにしました。今回ビューグルを作成するにあたって、それ...
    0 Steps /
    0 Memos
    since 2217 days ago
    0
  • FUJIMOCKFES 富士山セッションで一番感じたこと それは、切り出したばかりの富士山のヒノキは、深くて濃い新鮮な香りと水分をたっぷり含んだ木肌の質感がとても心地よく、ほんのすこし前まで大地に根を張って生きていたそのヒノキは山の息吹そのものということだった。 この貴重なヒノキを材料に何が作れるか考えた時、自分が一番魅力と感じた「ヒノキの香り」に的を絞りたいと思い、自分が体感した切...
    5 Steps /
    0 Memos
    since 2456 days ago
    0
  • ◆ ソリューション<br/> <ul> <li> 事故防止 </li> <li> 盗難防止 </li> <li> 安全確保(運転中) </li> </ul> <br/> ◆手段<br/> <ul> <li> シートベルトで登録者を判断 </li> <li> 判断材料:身体サイズ,心拍数 </li> <li> オプション:飲酒運転,健康管理 </l...
    14 Steps /
    0 Memos
    since 2842 days ago
    1
Tags & Keywords

Tags

Show Selected Tags